【TechStarsAgentの評判は?】実際の利用者の口コミを元にメリット・デメリットを徹底解説!

こんにちは!
大手食品メーカーを1年で退職し、第二新卒での転職活動を経験した就活マンです!

キャリアに関して5年以上ブロガーとして研究し続けており、「有益で本質的な情報のみを届けること」を信念にしています。
(表面的で薄い内容の記事が多く見られるので、それを打破したい、、、!)


今回はIT・ゲーム業界に特化した転職エージェント「TechStarsAgent」について徹底解説してきます。

TechStars自体はもともとスカウト型の転職サイトになります。
そこで希望すれば、エージェントサービスも利用できるという流れですね。

新しいサービスではあるものの、特化型エージェントならではの強みを持っています。
ただ、利用前に評判やメリットなんかは知っておきたいですよね。

そこで本記事では、TechStarsAgentを実際に利用した人の評判を元に、メリットやデメリット、おすすめの人の特徴などを詳しく解説していきます。

TechStarsAgent(テックスターズエージェント)とは?

公式サイトhttps://techstars.jp/lp/agent

TechStarsAgentは株式会社Branding Engineer株式会社が運営するIT・ゲーム業界特化型の転職エージェントです。

株式会社Branding Engineerは、TechStarsAgentを含め以下のようなIT関連事業を行い、エンジニアのキャリアをサポートしています。

  • Mayonez:IT人材のためのライフスタイルマガジン
  • Tap-biz:ビジネス・転職情報メディア
  • tech boost:プログラミングスクール
  • TechStars:IT・ゲーム業界特化の転職サービス
  • Meidworks:IT系フリーランス専門エージェント

TechStarsはスカウト型の転職サイトで、登録の際に希望するとエージェントサービスのTechStarsAgentも利用できるしくみです。
大手では、「doda転職エージェント」が同じようなしくみを導入しています。

転職情報を収集したいということであれば、エージェントサービスを利用せずに転職サイトとしてのみ使うことも可能です。

とはいえ、TechStarsに掲載されている求人のなかにはエージェント経由でなければ応募できない案件もあるため、エージェントサービスは利用したほうが良いでしょう。

TechStarsAgentは、IT・ゲーム分野に特化し、スタッフの過半数にエンジニア経験があるのが大きな強みです。

特定の分野に絞って転職支援してきた経験から、表面的ではない業界知識やサポートノウハウが蓄積されています。

スタッフはエンジニアの転職・独立に関して豊富な支援実績もあるため、安心してお任せできるでしょう。

リクルートエージェント」のような大手と比べれば世間的な知名度では劣りますが、IT・ゲーム業界での転職を目指す人なら登録して損のない転職エージェントです。

TechStarsAgent(テックスターズエージェント)の良い評判|利用メリット

TechStarsAgentがどのような転職エージェントかよくわからず、登録するか迷っている人もいるのではないでしょうか。

そこで、ここでは実際に利用したユーザーの良い評判をベースにTechStarsAgentを利用するメリットについて解説していきます。

良い評判としては、主に以下のような内容がよく見られました。

  • IT・ゲーム業界の厳選された求人を扱っている
  • TechStarsAgentを通して転職した利用者は年収が平均して83万円アップ
  • 希望に合わない企業からはメールがこなくてすむ
  • エンジニア出身のキャリアアドバイザーが多く適切な支援が受けられる

以下にそれぞれ詳しく解説します。

ただし、良い評判だけを見てもどのような転職エージェントかを正確につかむことはできません。

あとに悪い評判・デメリットについても解説しますので、併せて参考にしてください。

利用メリット① IT・ゲーム業界の厳選された求人を扱っている

TechStarsは、知名度は低いかもしれませんが、大変質の良い会社だということは感じました。
小規模ながらに、大変質の良い求人が多かったのと、大手とは一味違って一人一人しっかり向き合っていただける姿勢が整っていました。 (引用:転職本舗

TechStarsAgentで紹介された案件は質が高いものが多かったとの評判がみられました。

これは、以下にあるようにTechStarsAgentが厳しい審査を通過した案件のみを用意しているからです。

(引用:TechStars

良い求人が多ければ、希望にマッチした案件人と出会える可能性が高くなります。

また、TechStarsでしか扱っていない独占求人も多数あるとのこと。
良い求人を取りこぼさないためにも、IT・ゲーム業界を目指すのであれば登録して相談してみると良いでしょう。

利用メリット② 利用者は年収が平均83万円アップ

「SES企業ではなく自社開発企業で働きたい」「今の職場の環境が辛い」など、エンジニアが転職を検討する理由はさまざまです。

給料アップが理由の人も多いでしょう。
しかしながら、転職しても必ずしも給料は上がるわけではありません。

たとえば、厚生労働省の「雇用動向調査結果の概況」によると、2019年に転職して給料が減少した人は35.9%、変わらなかった人は27.9%もいました。

つまり、6割を超える人が転職しても給料が増えない結果に終わっているのです。

ところが、TechStarsAgentを通して転職した人は、平均して年収が83万円も上がっているとのこと。
これはかなりのアップといえるのではないでしょうか。

IT業界では、エンジニアが慢性的に不足していることは知っている人も多いでしょう。
それでも安い給料しか払わない会社もある一方、スキルのあるエンジニアに来てもらうため良い待遇を用意している企業も増えています。

問題は、そういった良求人と出会えるかどうか。
厳選された良い求人のみを扱っているTechStarsAgentだからこそ、それが可能なのでしょう。

利用メリット③ 希望に合わない企業からはメールがこなくてすむ

登録しておくだけである程度のオファーが来ますので、とりあえず登録しておくのもアリかなと思います。こちらの希望条件と合わない企業からはメールが来ませんので、どうでも良いような案件がたくさん来て困るという事も無い(引用:転職本舗

転職サービスに登録すると、毎日追いきれないほどのメールが届いて困るといったことがよくあります。

たとえば、dodaでは配信停止の手続きをとらないと以下のようなメールが届きます。

  • 採用プロジェクト担当からの求人紹介メール
  • 起業からのオファーメール
  • メルマガ
  • 締め切り間近のお知らせメール
  • マッチング成立お知らせメール

役立つものもありますが、あまりに多いとウザく感じる人もいるでしょう。

一方、TechStarsAgentはメールが大量に届いて困ることがありません。

利用メリット④ キャリアアドバイザーが多く適切な支援が受けられる

自分のペースで求職活動を行えて、先方の担当者と実際にやりとりもできるという利点も大変良い部分だと思っています。
転職サポートは、規模よりも質が大切です。(引用:転職本舗

転職エージェントの良い点
求人毎に自分の目指すキャリアにどう影響するかを考えてくれる(引用:GoogleMap

先にも述べましたが、TechStarsAgentのスタッフの過半数はエンジニア経験者。
また、転職・独立の支援実績が豊富なスタッフも多いです。

業界についてだけでなく技術面でも熟知しているので、相談したときにスムーズに話が通じます。

これが、たとえばあらゆる業界の求人を扱う転職エージェントなどだと、担当キャリアアドバイザーの業界知識が浅く、うまく話が伝わらないといったことが起きがち。

挙句、希望とはまったく異なる求人を紹介されたり、見当はずれなアドバイスをされたりといったことがあります。

キャリアアドバイザーが業界に精通しているTechStarsAgentであれば、そのような心配はあまりありません。

TechStarsAgent(テックスターズエージェント)の悪い評判|利用デメリット

良い評判・メリットを見てきたところで、ここでは悪い評判・デメリットについても紹介しましょう。

主に、以下ようなデメリットが見受けられました。

  • 対応エリアが限られている
  • サイトから検索できずどのような求人があるかわからない
  • 求人数が少なめ
  • キャリアアドバイザーの質に差がある

ただし、悪い評判があるといっても人によります。
たとえば、「連絡が頻繁でウザい」というデメリットも、「こまめに連絡をくれるので安心」と感じる人もいるでしょう。

人によってとらえ方は異なるので、自分にとってデメリットになることかどうかは冷静に判断してくださいね。

利用デメリット① 対応エリアが限られている

TechStarsAgentは、東京渋谷区に本社を置き、第2・第3・第4オフィスも渋谷区にあります。
そのほかに拠点があるのは、大阪と宮崎のみ。

サポートは拠点があるエリアや周辺に限られ、その以外の地域では求人を紹介してもらえる可能性は低いでしょう。

良い条件の職場に転職が決まれば引っ越しても良いといった身軽な人であれば問題ありませんが、そうでない人は注意が必要です。

利用デメリット② サイトから検索できずどのような求人があるかわからない

TechStarsAgentのサイトページはいたってシンプル。
キャリアアドバイザーの紹介や利用の流れ、エントリーフォームがあるだけです。

シンプルなのはTechStarsの方でも同じ。

登録後、マイページでいくつかの質問に答えたり診断を受けたりすることでおすすめ求人などは表示されます。
ただし、公開求人を閲覧したり検索したりできません。

登録するまえに「どんな内容の求人があるか見たい」「どんな企業があるか知りたい」と思う人は多いでしょう。
TechStarsAgentのサイトは、その点では不親切な設計です。

利用デメリット③ 求人数が少なめ

求人がもう少し豊富にあると思いました。

(引用:GoogleMap

サイトでは「幅広い選択肢がある」と説明しているものの、TechStarsAgentは保有求人数を公開・非公開ともに明らかにしていません。
いくらあるのか不明です。

そのため、「あまり求人がなかった」「もう少しあるかと思った」などのネガティブな口コミがちらほら見受けられました。
実際、取引のある企業は約700社とのことですので、あまり多数の求人を保有しているとは思えません。

案件数が多くないのは、特化型であることや厳選した案件のみを扱っていることが関係しているでしょう。
条件の良くない求人をたくさん紹介されるよりは、少なくてもマッチング精度の高い求人を紹介してもらえるほうがありがたいかもしれませんね。

利用デメリット④ キャリアアドバイザーの質に差がある

何回かの面談の中でリクルート出身の高圧的な年配のおばさんとの面談は途中退席をしようかと思うほど不快なものでした。
その後お会いした人事の責任者という若い女性はそうした私の不満を素直に謝罪してくれて感じがよかったです。 (引用:GoogleMap

TechStarsAgentのキャリアアドバイザーのなかには、態度の良くない人もいるとの口コミもありました。

ただし、これはTechStarsAgentに限ったことではありません。
それこそ「リクルートエージェント」や「マイナビ転職エージェント」のような大手でも、このようなネガティブな意見はほぼ必ずあります。

転職エージェントには多くのキャリアアドバイザーが所属しているので、みながみな腕のある人格者というわけではもちろんなく、なかにはまだ経験が浅い人もいるでしょう。

そのため、同じ転職エージェントでもキャリアアドバイザーの質が高かったとの意見もあれば最悪だったとの意見が出ることも珍しくありません。

TechStarsAgentを利用してみてキャリアアドバイザーと合わないと思ったら、変更を申し出てみると良いでしょう。

TechStarsAgent(テックスターズエージェント)がおすすめな人・おすすめではない人

ここまで、利用者の実際の評判をベースに、TechStarsAgentのメリットとデメリットについて解説してきました。
どのような転職エージェントか見えてきたのではないでしょうか。

ここでは、TechStarsAgentの利用がおすすめの人・おすすめではない人の特徴について解説します。

①おすすめの人

  • 東京や近郊でIT・ゲーム業界のエンジニアとして転職したい人
  • 実績がある、スキルの高いエンジニア
  • IT・ゲーム業界で転職したい若手

TechStarsAgentは東京中心に転職支援をしているため、このエリアでIT・ゲーム業界への転職を目指している人にはおすすめです。
良い求人に出会える可能性が高いでしょう。

また、TechStarsAgentでは業界未経験の人向けの求人も扱っていますが、基本的には経験やスキルがある人向けです。
実績やスキルに自信がある人はもちろん、第二新卒でもエンジニアとして数年の経験がある人は登録すると良いでしょう。

ただし、おすすめの条件に当てはまる人でも、TechStarsAgentの1本に絞るのではなく、複数の転職エージェントを併用するのが望ましいです。
TechStarsAgentで支援を受けながら、ほかの大手転職サイトや転職エージェントも利用して情報を集めると良いでしょう。

②おすすめではない人

  • 地方での転職を望んでいる人
  • エンジニア経験も知識もない人
  • 求人情報を自分でも収集したい人

先にも述べたように、TechStarsAgentは地方での支援が弱いため、対象地域外に住んでいる人にはおすすめできません。

これは、そもそもIT系・ゲーム系企業は都市部に偏りがちなので仕方ない面もあります。
どうしても地方で転職したいのであれば、全国をカバーしている転職エージェントやローカルな人材紹介企業を利用すると良いでしょう。

また、上で基本的には経験やスキルのある人向けと述べましたが、実はTechStarsAgentでは未経験でエンジニアを志望する求職者のサポートも行っています。
以下はTechStarsAgent所属のキャリアアドバイザーのコメントです。

実務未経験のエンジニア志望の方の転職サポートが得意です!
「あなたにとって」ベストな職場をご提案します。

(引用:TechStarsAgent

とはいえ、経験がないうえに知識もまったくない状態では、採用されるのは簡単ではないでしょう。
未経験からエンジニアを目指すなら、プログラミングスクールに通うなどして最低限の知識は身に着けておくのがおすすめです。

そういったことがしたくない人には、TechStarsAgentは向いていないでしょう。

なお、TechStarsAgentの運営元はtech boostという通学(渋谷校のみ)・オンライン可能なプログラミングスクールを運営しています。
ここで学ぶのも良いでしょう。

TechStarsAgent(テックスターズエージェント)の登録・利用・退会方法

ここでは、TechStarsAgentへの登録を検討している人に向けて、登録・利用方法を紹介します。
大まかな流れは以下のようになります。

(引用:TechStarsAgent

なお、「登録はしてみたものの自分には合わなかった」「ほかの方法で転職先が決まった」など登録を取りやめたい人もいるでしょう。

ここでは退会の方法についても解説しますので、併せて参考にしてください。

登録方法

登録の流れについては、一般的な転職エージェントと変わりません。
具体的には以下のとおりです。

① 登録フォームを送信

まずは「TechStarsAgent」公式サイトにアクセスしましょう。

下部にエントリーフォームがあるので、必要事項を記入します。

赤丸をつけた、「プロの転職アドバイザーのサポートを希望する」にはチェックをつけておきましょう。

チェックをつけずに登録すると、キャリアアドバイザーのサポートが受けられません。

必要事項をすべて入力して「この内容で登録する」ボタンを押すと、すぐに登録アドレス宛にメールが送られてきます。
面談日程の連絡があるので、都合の良い日時で調整をしましょう。

対面が難しく電話やオンラインでの面談を希望する場合は、対応してもらえる可能性がありますので、一度相談してみると良いでしょう。

また、メールに記載されたURLからTechStarsのマイページに入ることができます。

マイページからは希望条件や経歴、スキルなどが登録できます。
ここを充実させることで企業からのオファーが届きやすくなるので、時間があるときにしっかり記入しましょう。

② 面談する

キャリアカウンセリングでは、転職先に望む条件やこれまでの経歴、スキルなどのヒアリングが行われます。
この内容をもとに求人の案内が行われるので、正直かつ詳細に答えましょう。

「エンジニアとしてどうキャリアを積めば良いかよくわからない」「このままエンジニアとして働こうか迷っている」など、キャリアや転職についての悩みがあるときも、相談すると良いでしょう。
悩みに寄り添った親身なアドバイスをしてもらえます。

③ 求人の紹介・応募

面談後、スキルや希望にあった求人が紹介されます。

エンジニアとしてのキャリア形成を見据えた提案です。
希望と少し違うかも?と思っても、まずはじっくり求人の内容を検分してみると良いでしょう。

また、TechStarsのマイページに、プロフを見て気に入った企業からスカウトが届くこともあります。

気に入った求人があれば、応募したい旨をキャリアアドバイザーに伝えましょう。
応募代行や面接日程の調整をしてもらえます。

応募書類の書き方や面接練習といった選考対策も行っているので、面接前に受けおくのがおすすめです。

④ 企業との面接

いよいよ企業との面接です。
落ち着いて臨みましょう。

⑤ 内定・条件交渉

内定を獲得したら、担当キャリアアドバイザーが先方と入社日の調整や条件の交渉をしてくれます。

希望があるなら遠慮せず伝えましょう。

退会の方法

転職エージェントによっては「退会フォーム」を用意しているところもありますが、TechStarsAgentにはありません。

そのため、退会するのであれば次の2つのどちらかの方法をとる必要があります。

  • 担当のキャリアアドバイザーに退会したいと伝える
  • 公式サイトのお問い合わせフォームから退会する旨を伝える

TechStarsAgent側に退会したいことが伝われば良いので、どちらの方法でも構いません。

担当のキャリアアドバイザーに直接伝えづらいようであれば、公式サイトのお問い合わせフォームから連絡しましょう。

TechStarsAgent(テックスターズエージェント)を利用する際の注意点

TechStarsAgentは東京やその近郊在住でIT・ゲーム業界を目指す人に特におすすめの転職エージェントです。

ただし、利用するにあたっては注意しておきたいポイントもあります。
それが、次の2つです。

  • 初回面談を受ける前に、希望条件やスキル、経験をはっきりさせておく
  • TechStarsAgentだけに絞らず、ほかの転職エージェントも併用する

理由を解説しましょう。

注意点① 初回面談を受ける前に、希望条件やスキル、経験をはっきりさせておく

初回面談を受けるまでに、「自分が転職先に求める条件は何か」「自分にはどのようなスキル・経験があるか」などははっきりさせておくことが大切です。

これらがあいまいであれば、キャリアアドバイザーも具体的なアドバイスや適切な求人の提案ができません。

転職先に求める条件には、年収〇万円以上、研修が充実している、〇〇の仕事ができるなどさまざまなものがあるでしょう。
すべてを満たす案件はなかなかありませんので、希望条件のなかから「どうしても譲れないもの」を絞ることが大切です。

また、スキルや経験などもわかりやすくまとめておきましょう。

注意点② TechStarsAgentだけに絞らず、ほかの転職エージェントも併用する

IT・ゲーム業界特化型転職エージェントといっても、TechStarsAgentはそれほど潤沢な求人を扱っているわけではありません。

満足のいく転職活動ができるかどうかは、情報量の多さも大きくかかわってきます。

これは、求人情報が多いほど自分の希望に近い職場に出会いやすいからです。
それに、その転職エージェントでしか扱っていない独占求人は、登録して紹介してもらわなければ知ることはできません。

そのため、ほかの転職エージェントも併用するようにしましょう。
併用することで、信頼できるキャリアアドバイザーに出会える可能性も高くなります。

たくさんの求人情報を収集するため、転職サイトも併せて活用するのがおすすめです。

TechStarsAgentと併用すべきおすすめ転職エージェント

ほかの転職エージェントも併用すべきといっても、たくさんあるなかからどこを選んだら良いかよくわからない人も多いでしょう。

そこで、ここでは利用したなかで特におすすめできる転職エージェントと転職サイトを紹介します。

どこも無料で登録でき、必要がないとおもえば退会も簡単です。
まずは気軽に登録して相談してみましょう。

▼利用した僕がおすすめできる転職エージェント
(※複数利用して担当者の質を比較するのがベストです!目安はまず2〜3社を併用)

  • リクルートエージェント
    ー保有求人数が日本イチの転職エージェント
    ー僕が利用した時も担当者が非常に丁寧に対応・支援してくれました
  • doda転職エージェント
    ー保有求人数がリクルートエージェントに次ぐ量を持つ
    ー担当者のメールや電話のレスポンスが非常に高かったです
  • マイナビジョブ20’s
    ー20代に特化したマイナビが運営する優良エージェント
    ー利用者からの評判が非常に良いのでおすすめ

▼転職者が必ず登録しておくべき求人サイト
(※まずは下記の大手2サイトを登録して新着求人を常に確認しましょう)

  • Re就活
    ー20代の転職に特化した大手の転職サイトです、第二新卒向けの優良求人が多いのが特徴です
  • リクナビNEXT
    ー掲載求人数が日本イチの求人サイトなので絶対に登録しておくべきサイトです

TechStarsAgent(テックスターズエージェント)に関するよくある質問

ここまで、TechStarsAgentに関する良い評判や悪い評判、利用方法、注意点などについて解説してきました。

最後に、TechStarsAgentに関してよくある質問をいくつかピックアップして紹介します。
ぜひ参考にしてください。

質問① 紹介される求人の質は良い?

転職エージェントを利用するにあたってもっとも気になることの1つが「扱う求人の質が良いかどうか」ということでしょう。
登録して面談までして、ブラック企業の求人ばかり紹介されてしまうとかけた時間や手間がもったいないですからね。

ではTechStarsAgentはどうかというと、ユーザーの口コミを見る限り、求人の質は良いことが読み取れます。

ただし、「大手の求人はあまりない」「質は良いが小規模」「比較的ベンチャーの求人が多い」などの評判も見られました。
大企業への転職を希望する人には少々物足りないかもしれません。

質問② エージェントサービスは必ず受けなければいけない?

TechStarsやTechStarsAgentの公式サイトから登録する際、「エージェントサービスを受けるかどうか」を選ぶ欄があります。

受けたほうがいいのかと悩む人もいるでしょう。

エージェントサービスの利用を希望しなくても、プロフィールを見た企業からのオファーが届いたりおすすめ求人が表示されたりするため、転職活動をすることは可能です。

とはいえ、キャリアアドバイザーの転職サポートは転職活動をするにあたって有益なことが多く、TechStarsの求人のなかにはエージェント経由で応募する必要があるものもあります。

そのため、エージェントサービスは利用するほうが良いでしょう。

質問③ 転職を迷っている段階だけど登録できる?

まだ転職を迷っている段階でも、もちろん登録は可能です。

キャリアアドバイザーに相談すれば、適切なアドバイスをしてもらえるでしょう。

まとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

TechStarsAgentは、2013年に創立された株式会社Branding Engineerが運営する比較的若い転職サービスです。
IT・ゲーム分野に特化し、スタッフの過半数がエンジニア経験者のため、業界知識や技術、サポートノウハウが豊富な点が大きな強み。

経験者中心ですが、未経験者のサポートも行っています。
主なメリットには以下のようなものがありましたね。

  • IT・ゲーム業界の厳選された求人を扱っている
  • TechStarsAgentを通して転職した利用者は年収が平均して83万円アップ
  • 希望に合わない企業からはメールがこなくてすむ
  • エンジニア出身のキャリアアドバイザーが多く適切な支援が受けられる

対象地域に住んでいてIT・ゲーム系の企業への転職を希望する人は、利用してみるべきですね。

ただし、転職エージェントを1つに絞る必要はありません。
たくさんの情報を得るため、また自分に合ったキャリアアドバイザーと出会うためにも、リクルートエージェントやマイナビ転職エージェントなどにも登録するのがおすすめですね。

今回の記事が皆さんの転職に少しでも役立てば嬉しい限りです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!