【第二新卒のアピールポイントは?】企業が魅力を感じる点を共有!

こんにちは!大手食品メーカーを1年で退職し、第二新卒としての転職活動を経験した就活マンです!

今回の記事では、企業が魅力的に思う「第二新卒のアピールポイント」について解説します。

第二新卒で転職をする人って、「自分はまだ社会人経験が少ない」「何の実績も残していないし…」とネガティブ志向になりがちです。

しかし、第二新卒を求める企業はめちゃくちゃ多いんですよ。まずは自信を持ってください。

その上で、どんなポイントを企業にアピールしていけば良いのかを押さえていきましょう。

第二新卒はアピールポイントを整理することが大切

第二新卒は、アピールポイントを整理することが大切です。

その理由として、新卒と第二新卒ではアピールポイントに書くべき内容や重要度が違うということがあげられます。
「自己アピールなんて新卒の時もしたから余裕でしょ」と考えていると、痛い目を見るでしょう。

ここでは、第二新卒がアピールポイントを整理することの大切さについて解説します。

具体的には、以下の2つの内容を理解するといいですね。

  • なぜアピールポイントが大事なのか
  • 採用者はアピールポイントのどこを見ているのか

この2つが理解できると、第二新卒として伝えるべきアピールポイントが見えてきますよ。

なぜアピールポイントが大事なの?

第二新卒は、アピールポイントが非常に大切です。
実際に、企業側からも重点的に見られます。

なぜなら、第二新卒を雇うことに対して、警戒している企業も多いからです。

第二新卒の定義は明確には存在しませんが、一般的に「新卒入社してから3年以内に転職活動をしている人」となっています。
これは企業から「早期退職をしている」と見られてしまうことがあるんですよね。

採用側の企業は、早期退職者を雇うことに対して様々なリスクを想定しています。

例えば面接の際には「またすぐに退職してしまうのではないか」「この人自身に問題があって退職したのではないか」という視点で見られるでしょう。

つまり、第二新卒がアピールポイントを伝える際には、企業側の警戒心を解くようなアピールをすることが大切なんですね。

新卒より雇うリスクがある分、アピールポイントに対して深い内容が求められるでしょう。

採用側から「使える人材だ」と思われるようなアピールポイントを伝えることが大切ですよ。

採用者はアピールポイントのここを見ている!

では、採用者はアピールポイントのどこを見て「使える人材」と判断しているのでしょうか。

採用者が重要視するアピールポイントは、以下の2点があげられますね。

  • アピールポイントに根拠があるか
  • アピールポイントが実績や成果に繋がっているか

アピールポイントを伝える上で、根拠があるということは非常に大切です。
根拠のないアピールポイントは具体性がなく、説得力に欠けるんですよね。

また、アピールポイントが実績や成果に繋がっていることも重要でしょう。

よく間違えられるのですが、ここで言う「実績や成果」は社会人に出てからのものである必要がありますね。
ここが新卒と第二新卒で大きく違う部分です。

つまり、「社会人になり、どのような利益を生んだのか」が大切になります。

明確な実績があることで、採用側があなたを雇うメリットを想像できるんですよね。
雇うことにメリットがある人材は、採用される確率が高いですよ。

根拠や実績に繋がっているアピールポイントって?

アピールポイントにしっかり根拠を持たせるためには、具体的にとった行動を伝えることが大切です。
また、その具体的な行動によって得た実績についても触れられるとなおよいですね。

具体的には以下のような感じですね。

【根拠や実績に繋がるアピールポイントの例】
私は協調性が高いと自負しています。(アピールポイント)
前職の営業事務は当初、仕事の計画表などもなく誰が何の仕事をしているのか分からない状態でした。
そこで私は誰が何の仕事を行っているのかが一目でわかるよう、チーム全体の作業計画表を作成しました。(行動と根拠)
その結果、チーム内で手の空いている人が忙しい人を手伝うという風潮が生まれ、残業時間を削減することができました。(それに伴う実績)

本当はもう少し具体性が欲しいですが、ここでは雰囲気を掴めて貰えればOKです。

こんな感じで、アピールポイントは根拠と実績を交えて伝えられるのが理想でしょう。

実績がない場合はどうすればいい?

アピールポイントを実績や成果に繋げることが大事とは言うものの、第二新卒には難しい面もあります。
実際に「社会人経験が少なくて、実績なんかないよ…」と思っている人もいますよね。

結論から言えば、第二新卒の場合は実績や成果がなくても大丈夫です。

第二新卒を採用している企業は、社会人経験が少ないということを知った上で募集をかけているんですね。
なので、行動で得た「結果」よりも「過程」を評価してくれる場合が殆どです。

明確な実績が得られていない人は、行動によって得ることができた「学び」をアピールすると良いでしょう。
行動から学びを得られる人は成長意欲が感じられ、評価してもらえますよ。

【最効率】第二新卒のアピールポイントはプロから聞こう!

簡単に第二新卒のアピールポイントの概要を説明しました。

これを読んで「なるほど!自分が何をアピールすれば良いのか難しいな」と感じた人がいるかもしれません。

その場合、第二新卒がアピールポイントを探すには、転職エージェントや転職サイトの利用がおすすめ。
転職エージェントなどはプロの目線から、あなたのアピールポイントを探してくれます。

アピールポイントに悩む第二新卒が使うべき転職エージェントとしては、「リクルートエージェント」がおすすめですね。
リクルートエージェントは、国内最大手の転職エージェントとして有名です。

保有案件がめちゃくちゃ多く、あなたに合った求人を紹介してくれます。

また、それだけでなくリクルートエージェントは書類通過率が高いのも特徴ですね。
担当者が企業に対して推薦文を書いてくれるので、書類選考に自信がない人は利用しましょう。

エージェントの質も非常に高く、自己PR文の添削も丁寧に行ってくれますよ。

また、転職サイトとして「リクナビNEXT」も外せません。

リクナビNEXTの最大の特徴は、グッドポイント診断と呼ばれる自己分析ツールがあるところです。

無料とは思えないほど本格的で「社交性」や「柔軟性」など18種類の特性から、あなたの強みを診断してくれます。
そのため、自分のアピールポイントを客観的に判断し、転職に役立てることもできるでしょう。

また、このサイトの強みはそれだけでなく、このグッドポイント診断は企業への応募に添付が可能です。

自己PR文が書きやすくなるだけでなく、企業から見ても客観的なデータとしてその人の強みを理解できるんですよね。

「いくら考えても自分のアピールポイントがわからない」と悩んでしまっている人は、まずは受けてみることをおすすめします。

企業が求める第二新卒のアピールポイント3つ

では、具体的に第二新卒のアピールポイントを見ていきたいところですが、その前に確認しておきたいことがあります。
それは、そもそも企業が第二新卒に何を求めているのかを知ることです。

ここを抑えて置かなければ、整理された自己PRを行ったとしても、企業から「ミスマッチな人材」と思われてしまうこともあります。

企業が第二新卒に求めるアピールポイントは、以下の3点です。

  • 高いポテンシャル
  • 若さ溢れるやる気
  • 確かなビジネス経験

つまり、自分にはこれらの能力があるということを根拠と実績を示し、証明する必要があるんですね。

ここではこれら3つの能力について、解説していきますね。

高いポテンシャル

企業は採用する第二新卒に対して「高いポテンシャル」を求めています。
しかし、「高いポテンシャル」というのは抽象的でよくわからないですよね。

この「高いポテンシャル」とは、言い換えれば「成長が見込める人材」ということです。

業務経験が少ない第二新卒は、企業から即戦力として求められているわけではありません。
しっかりと成長し、未来に活躍してほしいと考えています。

つまり「高いポテンシャルがある人材だ」と評価してもらうためには、成長意欲があることを伝えることが大切ですね。

今後自分がどのように成長していきたいのかを具体的に説明できれば、企業からも評価されますよ。

若さ溢れるやる気

企業が第二新卒に求める資質として「若さ溢れるやる気」もあげられます。
第二新卒の強みとしてあげられるのが、中途採用にはないフレッシュさです。

何よりも「どうしてもその仕事がしたい!」という熱い情熱を持つことが求められるでしょう。

第二新卒はどちらかと言えば、冷静に仕事をするよりもチャレンジ精神旺盛に働くことが大切です。
企業側も「たくさん失敗しながら成長していってほしい」と考えています。

そのため、自己PR文や面接においてやる気があることをアピールしましょう。

確かなビジネス経験

企業は第二新卒の採用に警戒していることもありますが、第二新卒にしかないメリットがあるということも重々承知しています。

それは、新卒に比べてビジネス経験があるという点です。

これは企業にとって大変魅力的なアピールポイントになるでしょう。

具体的には、新卒入社の場合は社会的なマナーやビジネスに関する基礎的な知識などを1から教育しなければいけません。
しかし、第二新卒の場合はすでに前職においてそれらの経験を済ませていることが多いです。

そのため、企業は新たに教育をするためのコストを抑えることができます。
新人研修などは非常にお金がかかることが多く、新入社員1人に対して200万円の予算が必要な場合もあるんですね。

しっかりと経験を積んでいる第二新卒は、これらのコストを安く抑えることができます。

ビジネス経験があることをしっかりとアピールできるようにしておきましょう。

第二新卒が自分のアピールポイントを探す方法

第二新卒はアピールポイントを整理し、それを企業が求める資質に合わせて伝えることが大切です。
しかし「そもそも自分のアピールポイントがわからない」という人もいますよね。

ここでは、あなた自身のアピールポイントを探すための具体的な方法を紹介します。

自分のアピールポイントを探すためには、以下の3つのステップを踏むことが大切です。

  1. 担当した業務を書き出す
  2. 評価された業務を選択する
  3. 評価された理由や背景を考える

ここではそれぞれのステップについて、詳しく解説していきますね。

担当した業務を書き出す

自分のアピールポイントを探すためには、担当した業務を紙に書き出してみましょう。
ポイントとしては、業務の大小に関わらず、新入社員研修から今までの業務内容を細かく整理することです。

具体的には以下のような感じですね。

【営業職の場合】
・2019年4月~6月:新入社員研修
・2019年7月~現在:見積書や請求書、契約書の作成、来客・電話対応
・2019年10月~12月:客先への訪問営業(先輩・上司の同行)
・2019年10月~12月:社内忘年会幹事
・2020年1月~現在:新規・既存顧客への訪問営業(単独)

携わった期間など、時系列でまとめることで今まで自分がどのような仕事を行ってきたのかを整理することが可能です。
また、その際に成功した業務以外もしっかりと書き出すことが大切になります。

失敗や思い悩んだ業務も学びとしてアピールすることができる場合もあるので、全ての業務を網羅的書き出す方が良いでしょう。

評価された業務を選択する

担当した業務を書き出したら、その中で評価された業務や自分が頑張ったと胸を張れる業務を選択しましょう。
また、どのような点で頑張ったのかを具体的な数値などで表現できるとさらによいですね。

【営業職の場合】

・2019年7月~9月:見積書や請求書、契約書の作成、来客・電話対応

<頑張った点や評価された点>
Excelやpowepointなどのオフィス製品を多く使用するため、より知識を深めるためにマイクロソフト・オフィス・スペシャリストの資格を取得。知識を深めることで事務作業の効率が上がり、残業時間を月10時間~20時間削減。

・2019年10月~12月:社内忘年会幹事

<頑張った点や評価された点>
昨年まで忘年会はホテルにて着席での食事会がメインであった。先輩社員から「着席だから色々な人と話ができない」との話を耳にしたため、立食パーティへ変えた。年配の社員もいるため、椅子も準備したところ諸先輩方から「昨年よりも色々な人とコミュニケーションが取れて楽しかった。」と好評だった。

・2020年1月~現在:新規・既存顧客への訪問営業(単独)

<頑張った点や評された点>
売り上げ目標額の120%を3か月連続で達成。営業成績1位を獲得。

こんな感じで自己評価できる点や実際に上司から評価されたことを、数字を交えながら書き出していきましょう。

また、「忘年会なんて頑張ったことにあげていいの?」と思われる人もいますよね。
忘年会は企画力や提案力など、仕事のスキルを活かせる場でもあるので重要視している会社は多いです。

社内忘年会を成功させられる人は、仕事ができる人でもあるので積極的にアピールしていきましょう。

評価された理由や背景を考える

最後のステップでは、評価された業務の理由や背景を考えましょう。
これを行うことで、「自分がどんな思いで行動したのか」という思考を整理することにも繋がります。

具体的には以下のような感じです。

【営業職の場合】

・2019年7月~9月:見積書や請求書、契約書の作成、来客・電話対応

<頑張った点や評価された点>
Excelやpowepointなどのオフィス製品を多く使用するため、より知識を深めるためにマイクロソフト・オフィス・スペシャリストの資格を取得。知識を深めることで事務作業の効率が上がり、残業時間を月10時間~20時間削減
<背景・理由>
優秀な営業マンとして活躍するためには、営業に関するスキルやヒューマンスキル勉強を行うことが大切である。勉強時間をしっかりと確保するためには、時間管理を行い、業務の効率化を図ることが重要であると考えた。そのため、オフィス製品の使用方法を深く知ることで、時間がかかりがちな事務作業を素早く終わらせ、自己研鑽の時間を確保した。

・2019年10月~12月:社内忘年会幹事

<頑張った点や評価された点>
昨年まで忘年会はホテルにて着席での食事会がメインであった。先輩社員から「着席だから色々な人と話ができない」との話を耳にしたため、立食パーティへ変えた。年配の社員もいるため、椅子も準備したところ諸先輩方から「昨年よりも色々な人とコミュニケーションが取れて楽しかった。」と好評だった。
<背景・理由>
忘年会は社員全体の士気を高め、よりチーム力を上げるために大切な行事であると考えた。しかし、新入社員ということもあり、毎年の忘年会の様子がわからなかったため、先輩たちとのコミュニケーションを大切にし、情報収集を図った。その結果、前年度の課題点を改善することができた。

・2020年1月~現在:新規・既存顧客への訪問営業(単独)

<頑張った点や評された点>
売り上げ目標額の120%を3か月連続で達成。新入社員の中で営業成績1位。
<背景・理由>
訪問営業は顧客にも時間的な負担があるということを前提に、要点をまとめた説明を行った。また、単独での訪問が決まった際には、先輩への同行回数を増やしたり、目標達成までのスケジューリングやコミュニケーション方法などを相談することで、スムーズに実務に入ることができた。

こんな感じで具体的な背景や理由を考察することで、自分のアピールポイントがクリアになってきます。
この人の例だと「タイムマネジメント力」や「情報収集力」、「準備を念入りにする力」などがあげられますね。

今までの業務から、その時の考え方や行動を整理することで自分のアピールポイントが見えてきます。

アピールポイントから自己PRを書くコツ

自分にしかないアピールポイントが見つかったところで、実際に自己PRを書いていきましょう。
自己PRに関しては書き方にコツがあります。
具体的には以下の3つのポイントを意識することが大切ですね。

  • 結論から書く
  • 長文になりすぎない
  • 研修についても書いておくと良い

それでは見ていきましょう。

結論から書く

アピールポイントを自己PR文として落とし込むときには、最初に結論から書いていくことがおすすめです。
結論を先に書くことで、何を伝えたいのかがわかりやすくなります。

具体的には「結論+理由」という構成がいいですね。

結論が先に来ない文章は結局何が言いたいのかがわからず、採用担当者が途中で読むのをやめてしまう場合もあります。
自己PRは、簡潔にまとめられているのが理想です。

長文になりすぎない

自己PR文を書く上では、長文になりすぎないということも大切です。
自己PRをしようとすると、どうしても意気込んでしまい沢山書いてしまうこともあります。

しかし、長すぎる文章は逆に本当に伝えたいことが埋もれてしまって伝わりにくいんですよね。

自己PRの適切な文字数は、300文字程度がいいでしょう。

僕もたまに他の人が書いた自己PRを読むことがあるのですが、A4用紙一杯に記載をされている方もいます。
採用側はそれだけで「読むのがしんどそうだな」と感じてしまいますので、文字数には注意してくださいね。

研修についても書いておくと良い

自己PRを書く際には、受けた研修についても触れておくと良いでしょう。
自己PRを書こうとするとついつい、実務的な部分のみを記載してしまいます。

しかし、採用側からすると「きちんとした研修を受けたのか」は非常に重要なポイントです。

冒頭でも話した通り第二新卒の魅力は、教育コストを低く抑えられる点にあります。
研修について触れらていない自己PRは「教育コストがかかる人材なのかも」と企業に警戒心を与えることにもなりかねません。

詳しく記載する必要はありませんが、研修を受けたという事実がわかる自己PRがいいでしょう。

自己PRのNGポイント3選

自己PRを書くコツについて解説しましたが、書き方を間違えると印象が悪くなる場合もあります。

以下の3点があるPR文は、印象が悪くなる可能性が高いですね。

  • アピールポイントが抽象的
  • 謙遜し過ぎは悪印象になることも
  • 応募職種とマッチしない

それでは具体的に見ていきましょう。

アピールポイントが抽象的

自己PRのNGポイントとして、まずあげられるのがアピールポイントが抽象的なことですね。

例えば、下の自己PRを見てください。

株式会社〇〇の法人営業として二年間、勤務しておりました。
その中で売り上げを伸ばすべく、工夫をし、結果的に売り上げを伸ばすことができました。

この文章は、NGポイントをかなり強調して書いたのでわかりやすいと思います。

これでは正直、何を工夫したのか、売り上げをどれくらい伸ばせたのかが全然伝わらないですよね。

何度も言うようですが、自己PRで大切なことは具体性です。
自分が行ってきたことや成果をより具体的にまとめておきましょう。

謙遜し過ぎは悪印象になることも

自己PRのNGポイントとして、謙遜し過ぎは逆に悪印象になるということも覚えておきましょう。

謙遜は一つの美徳でもあり、一見よさそうに感じますよね。
しかし、下記の例を見てください。

株式会社〇〇の法人営業として二年間、勤務しておりました。
その中で売り上げを伸ばすべく、工夫をし、結果的に売り上げを伸ばすことができました。
御社の仕事に関しては、わからないことだらけではありますが、一日でも早く売り上げに貢献できるよう頑張ります。

最後の一文に関しては、謙遜をしつつも頑張りを表明しているように見えます。
しかし、第二新卒の場合には「わからないことだらけ」では困ります。

確かに第二新卒は、長期的に成長してもらえることを第一に考えている企業が多いです。
しかし、あまりにも謙遜をしすぎると「この人は基礎的なビジネススキルもないのか」と思われてしまうんですね。

謙遜のし過ぎは、基本的な能力がないとみなされることもあるので注意が必要です。

応募職種とマッチしない

最後にあげられるNGポイントは、応募職種とマッチしないという点です。
アピールポイントを具体性を持ってPRすることは必要ですが、それを応募職種と絡めることが大切になります。

例えば、既存顧客への営業から新規開拓営業へ転職を行う際に「自分は既存のお客様と長期的な関係を築くことができます」とアピールしても意味ないですよね。

このような応募職種にマッチングしない自己PRを行うと「ミスマッチな人材」として採用されません。

アピールポイントは企業が求める人材にマッチするように、伝え方を考えましょう。

アピールポイントを意識した良い自己PR

それでは、実際にアピールポイントを意識したよい自己PRを紹介します。

まずは、ここまで少し長かったと思うので一回ポイントを整理しますね。

【アピールポイントを意識した自己PRのコツ】
  • 自己PRに根拠を持たせるため、行動と実績を記載する
  • 第二新卒のアピールポイントは「高いポテンシャル」「若さ溢れるやる気」「確かなビジネス経験」の3つ
  • 担当した業務から評価された理由を探す
  • 自己PRは結論から記載し、研修にも触れながら300文字程度で抑える
  • 謙遜し過ぎず、応募職種とマッチする伝え方を心掛ける

少し多いですが、これらを意識しておけばばっちりです。

それではこれより、良い自己PRの具体例を紹介しますね。

営業職からエンジニア職に転職する場合

今回は、営業職からエンジニア職に転職する場合の例をあげてみます。

【自己PR】
私の長所は「準備を念入りにする力がある」という点です。
大学を卒業後、株式会社〇〇にて法人向けの新規開拓営業の仕事をしてきました。
研修で名刺交換や電話取次等の基礎的なマナーを学び、配属されてからは単独営業に出る前の準備を大切にしました。
具体的には、単独で営業に出る前には上司との同行回数を増やしたり、自ら今後の営業スケジュールを立てることに尽力しました。
実務を行う前から疑問点を明確にしていたこともあり、スムーズに訪問営業などが行え、結果的に売り上げ目標額の120%を3か月連続で達成することができました。
この準備を念入りにする力は、エンジニアにおいても設計書の疑問点の明確化や課題の発見などに役立てられると考えています。

まず、「準備を念入りにする力」という結論を書き、その根拠として「同行回数を増やす」「自ら今後の営業スケジュールを立てる」などの行動を記載しています。
また、売り上げ目標などの成果に結びつけるとともに、その力を新しい職種でどのように生かせるかについても触れられていますね。

自己PRを書くためのコツを意識することで、こんな感じの説得力ある自己PR文が書けますよ。

第二新卒がアピールポイントを面接で上手に伝えるには?

アピールポイントを自己PRとして書く方法について解説しました。

しかし、アピールポイントに関しては面接においても聞かれることが多々あります。
なので、面接では自己PRに書いた文章を元に、それを深堀されると思っておいた方がいいでしょう。

ここでは、面接においてアピールポイントを上手に伝えるコツを紹介します。

面接官の目を見て答える

アピールポイントを面接で上手に伝えるためには、面接官の目を見ることが大切です。

相手の目を見ずに話すことは、自信がないように見られたり、熱意を感じるということはなかなかできません。

第二新卒は熱意があることを面接官に伝えることが大切なので、このような態度にも気を使ったほうがいいですね。

堂々と相手の目を見るということは、それだけで自信の表れにもなります。
採用側は、相手から自信を感じることができるとそれだけで「ポテンシャルが高そうだな」と見てもらえることもあるでしょう。

面接は受け答えの内容も大事ですが、それと同じようにその人の所作にも注目されます。

回答はできるだけシンプルにする

面接でアピールポイントを話す際には、回答はできるだけシンプルにしましょう。
回答が長いと採用側は「話を端的にまとめられない人だな」と悪い印象を持たれることにもなります。

また、話が長くなればなるほど、あなた自身も心の中で「早くまとめなければ」と焦ってしまいます。
結局何が言いたいのか面接官に伝わらず終わってしまうこともあるので、回答はできるだけ簡潔にしましょう。

しかし「回答がシンプルだと伝えたいことが伝えられないのでは?」と考えてしまうこともありますよね。
もし、回答がシンプルすぎる場合には、面接官の方から「より具体的に説明してもらえますか?」と再度質問してもらえます。

面接は言いたいことを一方的に伝える場ではなく、面接官との会話を楽しむつもりで臨みましょう。

本記事の要点まとめ

最後まで読んでくださり、本当にありがとうございました!

第二新卒がアピールすべきポイントを押さえることができたと思います。

僕も転職こそしなかったですが、第二新卒として転職活動を経験しました。
その時に感じたことは「企業側はめちゃくちゃ第二新卒を求めている」ということ。

たしかに、社会人経験を少しでも経験した第二新卒は、基礎教育が不要な新卒として評価できますよね。

一方で、アピール方法を間違えると「またすぐに辞めるのでは」「継続力がないのかも」とマイナス評価されかねない。

今回の記事を通して、ぜひ第二新卒のアピールポイントを完璧に押さえておいてくださいね。
陰ながらあなたの転職の成功を、心から応援しています。