【第二新卒は職務経歴書がいらない?】必要な理由や書き方を徹底解説!

こんにちは!
大手食品メーカーを1年で退職し、第二新卒での転職活動を経験した就活マンです!

キャリアに関して5年以上ブロガーとして研究し続けており、「有益で本質的な情報のみを届けること」を信念にしています。
(表面的で薄い内容の記事が多く見られるので、それを打破したい、、、!)


今回は「第二新卒に職務経歴書はいらないのか」について解説していきます。
第二新卒で転職をする際、職務経歴書を作るべきか悩む方も多いですよね。

結論、第二新卒でも職務経歴書は必須です!
たとえ職歴が短くとも何をしてきたかは企業も知りたいですし、何よりあなた自身をプレゼンする大切な資料ですからね。

本記事では、決まったフォーマットのない職務経歴書の書き方やポイントに加え、効果的な職務経歴書を書くための具体的な対策法まで共有していきます。

「第二新卒の転職は職務経歴書がいらない」は間違い!

新卒での就職活動とは違い、転職活動では職務経歴書の提出を求められることがよくあります。

職務経歴書とは、これまでに経験してきた業務の内容や培ったスキルなどをわかりやすくまとめた書類です。

長く勤めている人であれば、書くことはたくさんあるでしょう。
しかし、第二新卒の場合は、職歴は長い人でも3年ほど。

「仕事の経験がほとんどないし、いらないんじゃないの?」
そう考えている人も多いのではないでしょうか。

しかし、これはまちがいです。
むしろ、第二新卒ほど職務経歴書が重要。

ここでは、そもそも職務経歴書とはなんのためにあるのか、どうして必要なのかについて説明します。

職務経歴書はあなたをプレゼンするための資料

職務経歴書には、これまでにどんな会社のどの部署に勤め、何の業務を担当し、どのような実績を上げてきたかなどを記します。

また、仕事を通して習得したスキルや業務上必要で取得した資格などがあればそれも記入し、自己PRするスペースも設けるのが一般的です。

つまり、志望企業に対して「私はこんな特徴のある人間ですよ、御社にとってメリットのある人材ですよ!」と伝える資料であり、いわばプレゼンの叩き台となるものなのです。

志望企業に採用してもらうためには、自分が社風に合い、会社にとって有益な人材であることをうまく伝えなければなりません。

それを、履歴書に記載できる数少ない情報から伝えることは至難のワザ。
特に、第二新卒は職歴の短さのせいで書類選考に落とされやすい傾向があります。

そのディスアドバンテージをリカバリするためにも、職務経歴書が欠かせないのです。
職歴が浅くても、どのような姿勢で業務に取り組んできたか、どのように工夫しどのような結果がでたかを伝えることで、良いアピールになります。

企業が応募者を知るために欠かせない

企業の採用担当者が最初に触れる応募者の情報は、送付されてきた履歴書と職務経歴書です。

履歴書では、誤字脱字がないか、丁寧な字で書いているかなどのほか、志望動機や自己PRが重視されます。
ただし、履歴書は全体の構成が決まっていて志望動機や自己PRの欄も小さく、工夫する余地があまりありません。

一方、職務経歴書には決まったフォーマットがなく、自由に作成できます。
あまり書くことがない項目にはスペースを割かず、自己PR欄を多くとることで意欲を伝えられるなど、工夫次第で強いツールとなるのが職務経歴書です。

第二新卒の採用を検討している企業は、あまり実績やスキルを求めていません。
なぜなら、数年の職歴ではたいした成果を上げるのが難しいことは、企業もよくわかっているからです。

では、何を重視しているのでしょうか。
以下は、リクナビの調査による「企業が経験の浅い第二新卒を採用する理由5つ」を表にしたものです。

引用:「リクナビNEXT:経験の浅い第二新卒を採用する理由ベスト5

企業がやる気やポテンシャルに着目していることがわかりますね。
ここがうまく伝わる職務経歴書を作成すれば、書類選考の通過率が大幅アップします。

第二新卒こそ、職務経歴書をつくることが大切なのです。

第二新卒が職務経歴書を書く際に押さえておくべきポイント

第二新卒にとって、職務経歴書は大切なプレゼンツールです。

とはいえ、もちろんただ作成すれば良いわけではありません。
志望企業の採用担当者にアピールする効果的な職務経歴書を作成することが大切です。

そこで、ここでは職務経歴書を作成するために押さえておくべき重要な5つのポイントを紹介します。

履歴書とは違い決まったフォーマットはない

先にも述べたように、職務経歴書には決まったフォーマットがありません。

そのため、WordやGoogleドキュメントなどのワープロソフトを利用して自分で作成する必要があります。
フォーマットがあるほうが書きやすくて良いのにと思うかもしれませんが、形式が決まっていない点は職務経歴書の大きなメリットといえるでしょう。

なぜなら、自分が強くアピールしたいところを大きくとることができるからです。
次に述べる基本の項目を押さえたうえで、読みやすさを意識したレイアウトで作成しましょう。

Web上にはたくさんのテンプレートがあるので、参考にするのもおすすめです。

書くべき項目は5つ

自由に作成できるといっても、企業が求めている情報以外をだらだらと書いては逆効果。
職務経歴書に書くべき基本的な項目は決まっています。

それが次の5つです。

  • 職歴要約
  • 勤務先概要
  • 職務経歴
  • 免許・資格
  • 自己PR

それぞれの項目について、次からポイントを解説していきます。

職歴要約

これまでの職歴を簡潔にまとめた文章です。
採用担当者がさっと見て経歴の概要を掴めることが大切。

簡潔にまとめることが大切で、ここでは詳細な業務内容などを書く必要はありません
200文字程度で良いでしょう。

勤務先概要

前職(在職中なら現職)の会社がどの程度の規模のどのような企業なのかを伝えるため、基本的な情報を書きましょう。
正式名称や資本金、業種、事業内容、売上高や従業員数などを記載します。

職務経歴

これまでに担当してきた仕事について、在職期間や担当業務の内容を詳しく具体的に記載します。

営業職など、数字で表せる実績があるなら書くと効果的です。
バックオフィス業務など、数字で表すのが難しい職種の場合は、どのような工夫・取り組みをしたかを書き添えると良いでしょう。

免許・資格

業務にかかわる免許や資格を取得しているときは、取得年月日の古いものから順に記入しましょう。
箇条書きで、基本的に免許を先に、あとに資格を書きます。

資格を多数取得している場合、応募職種に関係するものを中心に書きます
TOEICや英検などの語学関係の資格は、職種に関係なくても書いておくと良いでしょう。

また、資格の名称は正式なものを記載してください。
たとえば「英検1級」とするのではなく、「実用英語検定1級」とします。

自己PR

第二新卒がもっとも力を入れるべき箇所がここです。
力を入れるといっても、長くたくさん書けということではありません。

あまり長く書くと冗長な印象を与え、採用担当者に最後まで読んでもらえない可能性があるので気をつけましょう。

志望企業が求める人材にマッチするような強みやスキルを厳選し、簡潔にわかりやすく書くことが大切です。
さらに、具体的なエピソードもそえると説得力が増します。

第二新卒は職務経歴書で実績・スキルを強調しないほうが良い

少しでもアピールするために、実績やスキルを強調して書く人がいますが、これは避けましょう。

企業からすれば、入社して3年未満の社員にたいした実績がないことはわかっていること。
そこで、「これだけ高い実績を上げてきましたので、御社でも活躍できます!」「ひとりでプロジェクトを成功に導きました!」などとアピールすると興ざめされてしまう可能性があります。

実績を書くのは良いことですが、必要以上に強調するのはやめましょう

嘘を書いたり話を盛ったりしない

大原則ですが、職務経歴書に虚偽の内容を書いてはいけません。
第二新卒ではあまりアピールできる内容がないために、大げさに書きたくなるかもしれませんが、事実以外を書くのは厳禁です。

たとえば、前職の在職期間を実際より長めに書く、資料を作っただけのプロジェクトで中心的役割を果たしたなどと書く、といったことですね。

しかし、事実と異なる記載をすると、書類選考は通っても面接などでつっこまれてバレるものです。
そうなれば、まず面接は落ちるでしょう。

面接でばれなくても、リファレンスチェックを実施している企業であれば、そこでばれてしまう可能性が高いです。
リファレンスチェックとは、応募者の前の職場に連絡して経歴などについて問い合わせることで、実施する企業が増えています。

ばれずにうまく採用に至っても、入社後の社会保険の手続き時などに露見することがあり、そうなればより大きな問題となるでしょう。

繰り返しになりますが、企業は第二新卒に対してそれほど実績を求めていません。
素晴らしい実績がなくてもほかでアピールすれば良いので、正直に書きましょう。

第二新卒が効果的な職務経歴書を書くためには?

第二新卒が志望企業の採用担当者に刺さる効果的な職務経歴書を書くためには、たんに基本のフォーマットをつかって事実を書き連ねるだけではダメです。

志望企業に対して「私は求める人物像に合った人材ですよ」と伝えることが大切で、そのためには何をどう書くかを工夫する必要があります。

とはいえ、どう書けば正解なのかわかりませんよね。
ここでは、第二新卒が効果的な職務経歴書をつくるための方法について解説します。

転職エージェントに相談する

もっとも効果の高い方法は、転職エージェントに登録してキャリアアドバイザーに相談することです。
転職エージェントへの相談をおすすめする理由を、以下に説明しましょう。

転職エージェントを利用するメリット

転職エージェントに登録すると、専任のキャリアアドバイザーがついて内定獲得まで支援してくれます。

キャリアカウンセリングからはじまり、手持ちの求人のなかで希望条件や適性に合う案件を紹介し、企業への応募や書類選考通過後の面接日程の調整まで行います。

さらに、選考通過率が高くなるように、履歴書や職務経歴書を添削したり書き方をアドバイスしたりもしてくれるのです。

特に、「志望企業はリーダーシップがある人を求めているので、このエピソードを掘り下げて書くと良い」など企業に合わせたアドバイスが得られるのは、大きなメリットといえるでしょう。

プロの第三者の目線で内容を直してもらえるので、ひとりで作るよりもずっと説得力があり、充実した内容の職務経歴書が作成できます。

ちなみに、転職エージェントは、企業が紹介した求職者を採用してはじめて報酬が受け取れます。
報酬を支払うのは企業で、求職者は無料です。

紹介した求職者が落ちてしまえば、転職エージェントには報酬が入ってきません。
そのため、内定を得られるように一生懸命サポートしてくれます。

そういった事情があるので、遠慮せずどんどん転職エージェントのサービスを利用しましょう。

複数に登録する

転職エージェントは全国に非常にたくさんあり、その数は2018年の時点で2万4000件にも及びます。
ただし、事業所によって提供するサービスの内容や質に差があるのが実情です。

第二新卒にはあまり求人を紹介してくれないところもあれば親身に相談にのってくれるところもあり、サポートの手厚さにも違いがあります。

転職エージェント自体の評判は良くても、担当についたキャリアアドバイザーがイマイチということも。

そのため、転職エージェントは複数に登録するのがおすすめです。

登録して実際にキャリアアドバイザーと面談し、「ここなら信頼できる」と感じたところを転職活動の軸にすると良いでしょう。

複数の転職エージェントと面談するのは面倒と感じる人もいるかもしれませんね。
ただ、経歴を人に話すことで自分のなかで整理されたり、第三者の視点から自分では気づかなかった強みやアピールポイントを指摘してもらえたりするので、ためになりますよ。

おすすめ転職エージェント

数ある転職エージェントのなかでも、押さえておいて損はないのは「リクルートエージェント」です。

人材大手のリクルートが運営しています。
全国をカバーする豊富な案件を保有し、幅広い業界をカバーしているので、多くの選択肢のなかから選べるのが大きなメリットです。

キャリアアドバイザーの質が高いのも魅力的なポイント。
職務経歴書の添削などは得意分野といえ、積極的に相談してみてもらうと良いでしょう。

doda転職エージェント」もおすすめの転職エージェントです。
転職サイトdodaと連携しているのが大きな特徴。

転職サイトで多くの求人情報を収集し、エージェントサービスでサポートをお願いするといった活用方法もおすすめです。

キャリアアドバイザーと採用プロジェクト担当の双方からフォローが得られ、効果的な転職活動が行えます。

採用プロジェクト担当は企業を担当しているため内情に詳しく、求める人材像なども明確に把握しているため、訴求力の高い職務経歴書を作成することが可能です。

第二新卒なら「第二新卒エージェントneoにも登録しておくと良いでしょう。
名前のとおり、第二新卒を中心に20代に特化して転職支援を行っている転職エージェントです。

転職者へのサポートが手厚く、じっくり丁寧に時間をかけてくれる点が高い評判を得ています。
職務経歴書を作成するにあたって第二新卒が注意すべきポイントを熟知しており、的確なアドバイスが受けられるのも大きなメリットです。

 

WHAT・WHY・HOWに注意してわかりやすく伝える

採用担当者は、求職者が何の仕事(What)をしてきたかだけに注目しているわけではありません。

どのように(How)仕事に取り組んだのか、それはどうしてか(Why)を知りたいと考えています。
そこから、仕事に対する姿勢や考え方が読み取れるからです。

たとえば、以下のような感じですね。

営業職(What)として、お客様に『何かあれば〇〇さんにお願いしよう』と思ってもらえるように(Why)、取引がなくなっても継続してこまめにお得な情報をお届けしたり困ったことがないか話を聞いたりしていました(How)。
その結果、新たに契約してくれたりほかのお客様を紹介してくれたりなどの成果に結びつきました。

小さなことでも良いので、WhatだけでなくWhyやHowを意識して話を組み立てましょう。
具体的に書くことで、採用担当者に「入社後はこんなふうに活躍してくれるだろう」とイメージさせることができます。

職務経歴書に書くことがないときはどうする?

「いろいろ考えてみたけれど職務履歴書に書くことがほとんどない!」と困っている方もいるでしょう。

ここでは、書くことが思いつかないときの具体的な対策を5つ解説します。

自己分析のやりなおし

まずは自己分析のやりなおしですね。

転職活動の成否は、いかに自分を効果的にアピールできるかで決まります。
そのためには、当たり前ですが自分自身のことを知らなければなりません。

なんとなく頭で考えるだけではなく、これまで仕事でやってきたことを事細かに書きだしていきましょう。
どうしてそれをしたのか(Why)、どんな工夫をしたのか(How)などもあわせて書き出していきます。

紙に書き出して視覚的にとらえることで、アピールできそうな内容が見つかるでしょう。
それを整理し、志望企業が求める人材像にマッチする内容を厳選して書きましょう。

入社への意欲を書く

第1章で述べたように、第二新卒を採用する際に人事が重視するのはやる気やポテンシャルです。

職務経歴書でも、自己PRの欄をうまく活用して仕事に対する意欲を伝えましょう。
といっても、「やる気だけはあります!」「だれよりがんばります!」などの伝え方はNG。

業務を通して身に着けた強みを述べたうえで、入社したらその強みを活かしてどう貢献していこうと考えているかまで説明すると、仕事に対する意欲が伝わりやすくなります。

学んでいることがあれば書く

現時点で保有している資格がなくても、取得に向けて勉強中という人はいるでしょう。
その場合は、資格欄に「〇〇資格取得に向けて勉強中」と書くのがおすすめです。

企業側は資格保有の有無についてさほど重視していないため、書けるものがなくてもあまり気にすることはありません。

とはいえ、勉強中なら書かない手はないでしょう。
なぜなら、業務に必要な知識やスキルを習得しようとする前向きな姿勢がアピールできるからです。

学生時代の話はナシか少なめに

第二新卒は社歴が短いため、大学時代がまだ身近に感じられる人も多いでしょう。
職務関連で書くことがないからと、学生時代に頑張ったことや取り組んだことなどを書く人もいますが、これはあまりおすすめできません。

学生時代の話ばかりだと、採用担当者に「会社で何をやってきたんだ?」思われてしまうからです。

担当者は、求職者を採用したらどのような働きを見せてくれるかを知りたいと考えています。
なるべく業務に関連したエピソードで語るようにしましょう。

なお、新卒で入社したときに受けた新人研修について書くのは構いません。
これは、企業が第二新卒を採用する理由の1つに「基本的なビジネスマナーやビジネススキルが身についている」こともあるからです。

改めて自社で新人研修をする必要がなく、コストや時間をかけずにすむため、企業にとってメリットなのです。
そこで、以下のように、基本のスキルやマナーについて習得済みであることを書いておくと良いでしょう。

4月~6月まで新人研修を受け、名刺交換などのビジネスマナーや文書作成、報連相のポイントなどについて学びました。
業界知識に関する講習も受け、基本的なスキルを習得したあと、OJTにより実際の業務をしながら指導を受けました。

職務経歴書がいらない第二新卒向け求人もある

転職活動では、職務経歴書は履歴書とセットで提出を求められることが多いです。
企業が応募者の仕事に対する意欲や姿勢、スキル、自社に向いているかなどを知るためです。

ところが、なかには職務経歴書の提出が不要なケースもあります
どのような場合に提出しなくても良いのか、見ていきましょう。

募集要項に履歴書のみとあるケース

求人情報を収集していると、なかには「履歴書のみ提出してください」「職務経歴書は不要です」と書かれている募集要項に出会うことがあります。

一般に提出を求められる職務経歴書がいらないのはどうしてでしょうか。
企業によって異なりますが、よくあるのは次のような理由です。

  • 負担を少なくすることで応募しやすくし、たくさんの求職者に来てもらってそのなかから選考したい
  • そもそも職歴や経験、特別なスキルがなくてもできる業務のため、履歴書と面接で十分判断できる

「本当に職務経歴書がいらないんだろうか?」と不安になるかもしれませんね。
募集要項に「職務経歴書不要」とはっきり書かれていれば、送付・持参しなくて問題ありません。

「履歴書を下記住所に送付すること」などのように、職務経歴書の要・不要について書かれていないときは、どちらも送付するのも1つの方法です。

そのときは、「履歴書を送付するようにとありましたが、念のため職務経歴書もご送付させていただきます」などと一言添えておくと良いでしょう。
「きちんと募集要項の項目を読んだうえでのことですよ」ということが伝わります。

また、募集要項に書かれている採用担当者の連絡先に問い合わせても問題ありません。
「履歴書を送付のこととありますが、履歴書も併せて提出してもよろしいでしょうか」といった方向でたずねると良いでしょう。

十分な面接対策が必要

職務経歴書の作成は結構面倒なので、いらない求人であれば準備が楽とのイメージを持つ人もいるかもしれません。

しかし、実はこれは逆です。
履歴書に記載されている内容だけで判断されて合否が決まるため、職務経歴書で熱いアピールをするチャンスがありません。

業務にはさまざまな工夫を持って取り組んだとしても、それを詳しく伝えることができないのです。

履歴書の狭い自己PR ・志望動機のスペースでは、アピールできることも限られてくるでしょう。
そのため、選考を勝ち進む難易度がはねあがるのです。

職務経歴書がいらない求人に応募するときは、履歴書の自己PR欄と志望動機欄に注力して作成するようにしましょう。
また、面接で聞かれそうな質問を想定し、スマートかつ説得力ある回答ができるように十分準備しておくことが大切です。

回答の内容だけでなく、話し方や姿勢、挙動などにも気をつけ、練習しておく必要があるでしょう。

面接の練習は、鏡を使う、録画してあとでチェックする、友人や家族に見てもらうなどの方法もありますが、もっとも良いのは転職エージェントに相談することです。

転職エージェントを通しての応募であれば、採用担当者の興味をひきやすい履歴書の書き方を助言してもらえるだけでなく、面接で注意すべきポイントについてアドバイスが受けられたり、模擬面接をしてもらえたりします。

いらない場合も作成しておくのがおすすめ

職務経歴書がいらない求人に応募するときも、実際に提出するかどうかはおいておいて1度作成してみると良いでしょう。

なぜなら、職務経歴書を作成することで、次ようなメリットがあるからです。

  • 自分のキャリアを棚卸し整理できる
  • 自分のアピールポイントや強みを言語化できるため、面接の質疑でも答えやすくなる
  • 履歴書の自己PR欄を厚みのある内容にできる

職務経歴書を充実した内容にするためには、じっくり自分自身の仕事に対する姿勢やキャリアと向き合い、整理することが必要です。
その過程のなかで、これまで自分では気づいていなかった強みや適性、特徴などを見つけられます。

それを文章にして書くことで、自分自身の強みやアピールポイントが明確に言語化されるのは大きなメリットです。

頭のなかだけで漠然と「自分の強みはこんなところ」「こういう工夫をしていた」などと考えていても、面接で質問されるとうまく回答できないことは珍しくありません。

考えていた内容がとっさに出てこなかったり、しどろもどろの説明になってしまったりする可能性があります。
しかし、先に1度明瞭に言語化しておくと、面接でも落ち着いて説明しやすくなります。

応募書類がいらない求人を扱う転職エージェントもある

第二新卒を対象とした転職エージェントのなかには、書類選考なしで面接が受けられる求人を中心に扱っているところもあります。
たとえば「DYM転職」や「就職SHOP」などです。

書類選考なしなので、職務経歴書だけでなく履歴書もいりません。
応募書類が不要なのは、経歴ではなくポテンシャルや人柄を重視して採用する方針の企業の求人を扱っているためです。

がんばって職務経歴書を作成しても、いつも書類選考で落ちて面接にたどり着けない人は、このような転職エージェントを利用するのも1つの方法でしょう。

まとめ

「第二新卒はたいした職歴があまりないから、職務経歴書もいらないのでは?」と考える人がいますが、これは間違いです。

むしろ、転職活動に成功するためには、第二新卒ほど充実した職務経歴書を作成する必要があるでしょう。

職務経歴書の書き方次第で仕事に対する姿勢や意欲を伝えられ、採用担当者に良いアピールとなるからです。

実績といえるようなものがなくても、心配はいりません。
一般に、採用担当者は第二新卒に対して実績や高いスキルを期待してはいないからです。

どう考えて、どのように仕事に取り組んできたか、どんな工夫をしたかなどを意識して述べると良いでしょう。

「職務経歴書はいらない」とする求人もありますが、余裕があれば作成しておくのがおすすめです。
頭のなかが整理され、面接での受け答えもしやすくなるでしょう。

自信がなければ、「リクルートエージェント」や「第二新卒エージェントneo」などの転職エージェントに相談するのがおすすめです。
応募書類の添削や書き方の指導をしてもらえ、内容の詰まった職務経歴書が作成できます。

転職エージェントなどのサービスをうまく活用しつつ、中身のある職務経歴書をつくって転職活動を勝ち抜いてください。
応援しています。