【第二新卒で一年未満に転職はあり?】リスクを詳しく解説する!

「新卒で入社した会社を、一年未満で辞めようと考えている。」

「既に1社目を1年未満で辞めて、転職活動をしようと考えている。」

このような悩みについて、一年未満で辞めようと考えている第二新卒者向けの記事を書いていきます。

第二新卒となる上で最大の不安は、次の職探しに対する心配ですよね。

せっかく新卒で入社した会社を辞めてしまった事によって、自分に対する自信を失くしてしまったり、家族や周囲からの印象も決していいものであるとは言えませんよね。

そこで今回は、実際に第二新卒で再就職に成功した方の体験談や実例を交えながら「第二新卒者に向けた就職活動のコツ」や「1年未満で退職するメリット・デメリット」を解説していきます。

本記事の内容をまとめると以下です。

  • 第二新卒で一年未満のキャリアでも転職は可能
  • 第二新卒の苦労や実際のデータに関して
  • 職探しの不安を解消する方法

結論を先にお話ししておくと、第二新卒者であっても、一年未満で辞めてしまった方でもきちんとした手順を踏むことで再就職する事が可能です。

第二新卒で職探しに不安を抱える方は、ぜひ記事をご覧ください。

第二新卒で一年未満のキャリアでも転職は可能なのか?

第二新卒で一年未満のキャリアでも転職は可能なのか

冒頭でもお話しした通り、第二新卒で一年未満のキャリアであっても転職をすることは可能です。

しかし、1社目をすぐに辞めた場合に、転職希望先から「うちの会社もすぐに辞めるのでは?」と思われて不利になるのは当然です。

また前職を「なんとなくで辞めてしまった」という場合に、それらを退職理由として伝えるとなかなか次の就職先が決まらないとなります。

よって1年未満で辞める場合は、必ず前職の退職理由をポジティブなものにしてください。

具体的な退職理由については、以下の記事で詳しく解説しています。ポジティブな退職理由を述べることができれば、1年未満でも転職は十分可能でしょう。

第二新卒を一年未満で辞めることのメリット・デメリット

今の会社を1年未満で退社するかどうかで悩んでいる人は多いですよね。

この章では、第二新卒にて一年未満で転職することのメリットとデメリットを共有していきます。

第二新卒で一年未満に転職するメリット

第二新卒(主に一年未満)で転職するメリットは、以下のものが挙げられます。

  1. 若手の採用が多い企業に評価されやすい
  2. 適応力や柔軟性に長けている
  3. ビジネススキルを持っているため、教育コストが少ない
  4. 自分とマッチする会社が見つけられる
  5. 新卒よりも早く入社できる可能性がある

①若手の採用が多い企業に評価されやすい

年功序列制度の企業が未だに多いのが現状ですが、若手でもバリバリ活躍している企業があったり、会社の在り方も年々変化しています。

積極的に若手の採用が行われている会社の場合、第二新卒でキャリアが一年未満であっても転職しやすい環境であると言えるでしょう。

②適応力や柔軟性に長けている

第二新卒でキャリアが一年未満の場合、経験が少ないことも武器になります。

前の会社で長く経験を積んでいると、スキルに関しては長けていても、前の会社の文化や習慣に染まっていることも。

その場合、転職先の会社制度に上手く適応できない問題も懸念されます。

そのような面において、キャリアの少ない第二新卒は適応力や柔軟性に長けているため、「意欲的に仕事ができる」と評価される場合も少なくありません。

③ビジネススキルを持っているため教育コストが少ない

前の会社のカラーに染まっていないと言えど、第二新卒者は新卒に比べて経験値があり、ビジネススキルを持っていますよね。

そのため、研修や教育にかかる時間やコストを削減できることがメリットとして挙げられます。

④自分とマッチする会社が見つけられる

終身雇用の時代は終わり、第二新卒として新しい道に進む人が増えています。

そのため、「早期離職者は仕事ができない」という印象も薄まりつつあることでしょう。

さらに企業側からすると、第二新卒者が増えることで、会社の求める人物像とマッチする確率が上がっていく利点もあります。

⑤新卒よりも早く入社できる可能性がある

通常、新卒の入社は4月ですが、第二新卒は企業側のタイミングで採用時期が異なります。

企業によって異なりますが、期の変わるタイミングに合わせて入社ができるため、入社までの期間が短く、即戦力として働く事ができます。

第二新卒で一年未満に転職するデメリット

続いて、第二新卒(主に一年未満)のデメリットについて、以下にまとめました。

  1. 社会人としての経験値が低い
  2. 前の会社と比較して馴染めない可能性
  3. 「早期離職者」というレッテルを貼られる

①社会人としての経験値が低い

前職での経験からビジネスマナー等の知識があるとはいえ、第二新卒で一年未満の経験となると、社会人としてはまだまだ不十分なこともあります。

その経験の低さから、実績のある転職希望者と比較すると育成に時間がかかることが、デメリットとして挙げられるでしょう。

解決策としては、成長が見込める、いわゆる「ポテンシャルの高さ」を面接時にアピールできるかが鍵となってくるかもしれません。

また、メリットでも挙げたように若者の採用を積極的に行っている会社もあるため、上手くマッチすることができると尚良いでしょう。

②前の会社と比較して馴染めない可能性

新卒で入社した会社は、いい意味でも悪い意味でも「これが会社というものなんだ」と捉え、一つの経験値として蓄積されますよね。

その結果、第二新卒で入社した会社と前の会社を比較して「これは前の会社と違う」というような、「なんか違う」といった違和感を感じてしまう方も多いようです。

違和感を感じることは全く悪いことではないですが、前の会社と比較してしまうことによってモチベーションの低下や、最悪の場合また離職するといった事態にもなりかねません。

こちらの解決策は、「会社によって制度や習慣は違う」ということを念頭に置いて、再就職に臨む事が良いでしょう。

③「早期離職者」というレッテルを貼られる

第二新卒者、特に一年未満で前職を辞めてしまった人は、嫌でも「早期退職者」というレッテルが貼られてしまいます。

どんなに次の会社や再就職に対するやる気があったとしても、採用する企業側からしてみると「またすぐに辞めてしまうのではないか」「採用して続かなかった場合は…」など、どうしてもネガティブな印象を持たれがちです。

上記の解決策に関しては、「なぜ早期離職をしたのか」「今後のビジョンについて」などをしっかりと自分の中で明確にし、質問された時に答えられると信頼アップに繋がる事でしょう。

第二新卒の大半が一年未満で辞めている理由と実際のデータ

続いて、第二新卒として再度就職活動をしている方達のデータを見てみましょう。

なぜすぐ離職?~第二新卒として転職活動をする人の過半数が前職を1年未満で辞めた理由~」の記事を参考に、主な退職理由と第二新卒の平均在籍期間をご紹介します。

主な退職理由

第二新卒者の、前職に対する主な退職理由は以下でした。

  • 仕事が自分に合わなかった
  • キャリアアップができなかった
  • 労働時間が合わなかった
  • 社風が合わなかった
  • ワークライフバランスが取れなかった

上記の理由から、社会人としての生活が思ったように上手く行かなかったり、新卒から社会人になったギャップに耐えられなかったり、といった方が多いように見受けられます。

具体的な理由については、「この会社で何をしたいのかが明確でなかった」「営業が自分に向いてなかった」などがありました。

「就活する時に、ちゃんと企業に関して理解しておけよ!」なんて言ったら元も子もないですし、会社説明と実際の感じが違ったという事もあるかと思います。

ぜひ次の就職先では失敗しないように、慎重に企業選びをしてもらいたいところですね。

第二新卒の平均在籍期間

続いて、第二新卒の平均在籍期間に関して、割合の多い順に並び替えてみます。

  1. 半年以上1年未満(32.89%)
  2. 1年以上2年未満(21.03%)
  3. 3ヶ月以上半年未満(12.24%)
    同率 2年以上3年未満(12.24%)
  4. 3年以上(10.90%)
  5. 1ヶ月以上3ヶ月未満(6.88%)
  6. 1ヶ月未満(3.82%)

これより分かることは、第二新卒の約半数が一年未満で離職しているということ。

先ほど主な退職理由をご紹介しましたが、やはり入社後のギャップに耐えられないことが原因で、早期退職を選択する方が多いようです。

早期退職も一つの選択肢ですので、一概に悪いこととは限りません。

しかし、第二新卒になってしまった場合、さらに一年未満で退職した場合、キャリアを積んできた人と比較すると転職が難しいのは事実でしょう。

ここからは、第二新卒者が抱えるであろう苦労について、具体的に解説していきます。

一年未満で辞めた第二新卒の苦労(リスク)について

一年未満で第二新卒になった場合、以下の苦労や難点があることが懸念されます。

  • 再就職で不利になる
  • 家族や周囲からの印象が悪くなる
  • 「中途半端な人間」という評価を受けやすい

デメリットと似ている部分もありますが、第二新卒者の多くが抱える悩みですので、解説とともに解決策をお話しします。

再就職で不利になる

まず、次の職探しが容易ではないことが挙げられます。

社会人としての経験値が低いことはもちろん、早期退職者であることから、採用する企業側の印象はいいものではありませんよね。

例えば、退職の理由が「仕事が自分に合わなかった」「思っていた社風と違かった」などといった場合、新たに採用する企業からは「次の仕事も、合わなかったら辞めてしまうんじゃないの?」「短期間で辞められると困るんだけど…」といったことを突っ込まれる可能性もあります。

企業側としては、長期にわたって会社に貢献してくれる人を採用したいでしょうから、この向かい風の中で「どうやって信頼を構築していくか」が大切になります。

第二新卒や特に若手に求められるのは、仕事に対するやる気が一番。

ですので、面接時に聞かれる志望理由や志望動機を明確に答えられるようにしておきましょう。

とはいえ、ただひたすらに「やる気あります!」とアピールをしても意味がありません。

企業が志望者に対して何を求めているのか、企業の情報を十分に理解した上で面接に望むことで、第二新卒で一年未満の社会人経験であっても内定の可能性は高まっていきます。

家族や周囲からの印象が悪くなる

続いて、周囲の人間関係に関する問題。

新卒で入社した会社を辞めた時、また辞めようか迷っている時に家族から「せっかく入ったのに…?」と反対されてしまったり、周囲の人間からも良い顔をされないことがあるかもしれません。

というか、あって当然のことだと思います。

昔からの考えで「一つの企業で勤め上げるのが美徳」みたいな思考を持つ人も、周囲にはいるかもしれませんね。

最終決断をするのは自分自身ですが、親しい人間が心配する理由は生活面に対する不安であったり、今後のキャリアにおいて経歴に傷がつくことの不安だったり、様々あることでしょう。

また、第二新卒で経験一年未満というのは、不安要素が大きいのも事実です。

ここに関しては個人の人間関係の問題なので、あまり踏み込んだことは言えませんが、まず前提として転職自体は悪いことではありません。

ですので、第一に「行動で結果を出すこと」が大切。

親に何を言われようが、あなたは立派な社会人です。

次の仕事では覚悟を決めて、行動で示し安心させてあげるほかに解決策はないと言えます。

「中途半端な人間」という評価を受けやすい

前述で第二新卒に求められるのは「やる気」だというお話をしましたが、仕事に対する「本気度」も重要視されています。

第二新卒でなおかつ経験が一年未満となると、どうしても客観的に見ると「中途半端な人間なのかな?」という印象になってしまうのが現実。

そこで、面接時にただ自分のスキルや経歴を話しても「どうせすぐに辞めてしまうのだろう」「このやる気は最初だけだろうな」と、不信感を拭えない事もあり得ます。

まずは自分に対する周囲の評価を理解し、その上で自分をどう見せていくかが大切になってくるでしょう。

具体的に言うと、「この会社で本気で働きたいと思う理由」「この会社でなければいけない理由」など、いかに本気であなたが転職活動に臨んでいるのかをアピールできると良いです。

第二新卒であったり、社会人としての経験が一年未満であったりすることは、確かに転職時に不利になります。

しかし、今更後悔しても仕方がありませんよね。

それを乗り越えて再就職を成功させるには、いかに自分が本気なのか・やる気があるのかをしっかりと面接時に面接官に伝えられるように、事前準備を完璧にしておきましょう。

第二新卒かつ一年未満で辞めてしまっても、再就職は可能

上記のことから分かるように、スキル云々ではなく「やる気」と「本気度」によっては、第二新卒かつ一年未満の経験値であっても、転職は可能です。

転職成功の体験談をご紹介

ここでは、実際に第二新卒で短いキャリアでも転職を成功された方の体験談をご紹介していきます。

ELITE Networkの転職体験記をもとに、第二新卒で転職に成功された方の体験談を一部抜粋しています。

入社6ヶ月で転職した現職SEの方

前職は一部上場大手輸送機器メーカーの、事務系総合職の方です。

新卒当時の仕事に対するイメージは「もっと休みたい」「落ち着いて仕事がしたい」というマインドで、父の境遇などから理想とのギャップに苦しんだそう。

実際に、「もっとゆったりと仕事がしたい」という理由で転職を考え始める人は、多いのではないでしょうか。

この方は「週7日のうち5日を、やりがいの感じられない仕事をして定年まで過ごす」ということに疑問を感じ、転職に踏み切ったとのこと。

新卒当時の失敗談としては「自分について、人生について深く考えるべきだった」「実際に働くことをもっと具体的にイメージするべきだった」と語っており、これは多くの第二新卒者が抱える後悔でしょう。

とはいえ、入社から半年で転職を決断できるのも行動力の一つ。

転職エージェントを上手く活用することで、今度こそ失敗のない就職活動ができたそうです。

参考:第二新卒22歳、就活時の職業観を悔い改め、入社6ヶ月で転職

約1年勤務の末転職した現職大手電気メーカー勤務の方

家庭の事情で、どうしても実家のある東京へ戻らないといけなくなったことから転職を決意された方です。

前職の在籍期間は約1年と短いため、転職活動で不利になると悩んだそうですが、やむを得ないため転職活動を開始したとのこと。

もともとメーカー勤務で仕事自体にはやりがいを感じていたため、同業種で仕事を続けられるチャンスを探していたそうです。

先ほどの例で紹介した退職理由のほか、家庭の事情など自分以外の理由で転職を余儀なくされる方も多いことでしょう。

この方は第二新卒で尚且つ社会人経験が一年未満とのことでしたが、転職成功までにかかった期間は1.5ヶ月とのことでした。

少ない経験値での転職に不安もあったようですが、転職エージェントを利用して自分と合う企業とマッチングすることができたそうです。

参考:第二新卒の人事部女性、西日本から東京へUターン転職

入社1年半で転職を余儀なくされた現職大手メーカー勤務の方

ちょっと特殊かもしれませんが、新卒で入社し1年半が経った頃、経営者に「あなたは転職を考えなさい」と言われ半強制的に転職をした方です。

会社の急激な業績不振が理由かもしれないと述べていますが、キャリア1年半で転職というのは、簡単な話ではないですよね。

その不安や恐怖からなかなか動けず、転職活動では書類選考に通らず、通ったとしても適正検査や一次面接で落ちてしまうなんてことがザラにあったそうです。

そこで転職エージェントに登録し、企業研究をしっかりと行うことで面接官の態度も明らかに変わっていったとのこと。

優秀な人材だと評価されようと背伸びしたり、自分をよく見せようとしたりすることは辞めて、自分の素を出して正直に面接に臨むことでトントン拍子で内定が決まったようです。

「企業との”相性”はある」と語っており、第二新卒、そして短い社会人経験から不利とも思わせない転職の体験談でした。

参考:23歳 総務・経理担当、業績不振による退職勧告を乗り越えて!

不利になるとはいえ、転職することも一つの選択肢

上記の転職成功の体験談を見て分かりますが、第二新卒であろうと一年未満の経験であろうと、前向きにセカンドキャリアの道を進んでいます。

終身雇用制度は崩壊し、以前に比べると早期退職して転職を考える人は増えているのではないでしょうか。

経験が浅いうちの転職は採用時に不利になるとはいえ、転職は一つの選択肢。

早期退職して第二新卒になることは、一般的に見ていい印象を受けられないのが事実ですが、本気で転職を叶えた人もたくさんいることが分かりました。

第二新卒でキャリア一年未満。職探しの不安を解消するために

最後に、第二新卒で社会人経験が一年未満の方が職探しの不安を極力減らすことができるように、少しだけアドバイスをお話しします。

一年未満の第二新卒が転職の成功率を上げる方法

転職の成功率を上げる方法は、主に以下です。

  • 自己分析と企業分析をきちんと行う
  • ポジティブに転職活動をすること
  • 謙虚で見栄を張らないこと
  • 内定が出るまで退職しない(極力)
  • 自分の状況を改善できないか考える

自己分析と企業分析をきちんと行う

まずは、面接時の対策として「自己分析」と「企業分析(企業研究)」はしっかりと行っておきましょう。

面接時にやる気と本気度を伝えて採用したいと思ってもらうためには、上記の2点は欠かせません。

具体的な方法については、後ほどお話しします

ポジティブな思考で転職活動をすること

第二新卒で経験一年未満で転職をする際は不安がつきまとうかもしれませんが、前向きに行動をすることがかなり重要になってきます。

転職に成功した人は、自分のやりたいことやビジョンが明確であり、それを評価されることも。

なんとなくのノリで退職して次の転職先を探すのではなく、就活期間にもケジメをつけてポジティブに転職活動に励むことが良いでしょう。

謙虚で見栄を張らないこと

前職での経験値やプライド、学歴などから見栄を張って自分を大きく見せようとする人もいますが、前述のように第二新卒に求められるのは「やる気」と「本気度」

失敗経験を話すことができたりと謙虚な姿勢でいることで、素のあなたを評価してもらうことができ、良い転職へと繋がることでしょう。

内定が出るまで退職しない

すでに退職してしまったよ!という方には該当しませんが、内定が決まってから退職をする方が精神的プレッシャーがかなり軽減されます。

先ほどの体験談のように、いきなり退職から職探しとなると、焦りや不安から満足のいく転職ができないことも。

現時点で早期退職を検討している方は、参考にしてみてください。

自分の状況を改善できないか考える

転職の成功率とは少し逸れてしまいますが、転職をする前に自分の努力で問題解決をすることは出来ないか、再度考えてみてください。

どうしてもダメだ、というようであれば転職も視野に入れるべきですが、まずは現状の改善からチャレンジすることで、何かを変えられるかもしれません。

次の就職では失敗しないためのコツ

転職の成功率を上げる方法を解説してきましたが、今の仕事もやりながら次に向けて転職活動をするのは、時間の面でも労力の面でも負担が大きいものです。

そこで、転職希望者と人材募集をしている企業をマッチングさせる転職エージェントのサービスを活用することで負担も軽減され、転職活動を有利に行えることでしょう。

先ほど、転職の成功率を上げるためには自己分析と企業分析が必須だというお話をしましたが、転職エージェントではそれらについてアドバイスがもらえます。

さらに、面接対策や履歴書の添削、面接の日程調節などもサービスがあります。

転職エージェントは以下のような方にオススメです。

  • 業界の裏情報を知ってから転職したい
  • 面接対策は万全にしておきたい
  • 企業との日程調整をお任せしたい
  • 履歴書や職務経歴書の添削をしてもらいたい

基本的には、転職に関するサポートが受けられるシステム。

第二新卒者や社会人経験が一年未満と浅い方にとっては、かなり心強いサービスと言えるでしょう。

さらに、転職エージェントの8割は一般に公開されていない非公開の求人であることが多く、登録するだけでも参考になります。

オススメの転職支援サービスを紹介

ここでは、第二新卒にオススメの転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントはかなりの種類があるため、色々なサイトを見て比較してみるといいかもしれません。

また、転職エージェントによっては「あなたのキャリアや経験年数だと転職は難しいですよ」なんてキツい言葉を言われる場合もありますが、全部がそうとは限りません。

転職成功者の体験談によると、「このエージェントの〇〇さんだけは、最後まで諦めず親身になってくれた」などの感想もありますので、転職エージェントは一つに絞らず広い視野で利用するのがいいでしょう。

まとめ

今回は、第二新卒者で主に社会人経験が一年未満の方に向けて、早期退職をするメリットやデメリット、データからわかる主な退職理由や平均勤務年数、転職成功体験を元に、転職を成功させるコツをお話ししてきました。

近年は、以前に比べ第二新卒の需要が増えているとも言われており、自分のやりたいことが明確でポジティブに転職活動が出来れば、第二新卒で社会人経験一年未満でも、満足のいくセカンドキャリアを歩めることでしょう。

そのためには、書類選考や面接に対する事前準備、自分のビジョンの明確化が必要不可欠ですが、転職で失敗しないためにも準備は入念にしておくようにしてください。

さらに、転職エージェントを活用することで転職に関するアドバイスが受けられたり、煩わしい作業や連絡の対応をしてもらえたりもするため、転職活動に大いに役立ちます。

転職経験者の多くが利用している無料サービスですので、初めての転職で何をしたらいいのか分からない…なんて時にも安心できることでしょう。

第二新卒からの再就職は決して楽とは言えませんが、ぜひ第二のキャリアへ向けて前向きに転職活動を頑張ってください!