第二新卒が転職で年収1000万円を超える方法

第二新卒として転職をする人は本当に注意が必要です。

短期間で何度も転職をしてしまうと、どんどん転職しにくくなるんですよね。

よって第二新卒として初めて転職する時から、「年収1000万円を超えるようなキャリア」から逆算して転職する必要があります。

この記事では、第二新卒が転職を通して年収1000万円を超えるような高収入キャリアの歩み方を解説します。

変な商品を売ったり、実現性の低いような起業をおすすめしたりしないのでぜひ参考に!!

第二新卒が年収1000万円を超えるキャリアを形成する方法

そもそも高い年収を得るために重要な視点は「業界」と「職種」を理解することにあります。

この2つを理解しないまま転職をしても高い年収は得られません。
特に重要なのは業界の選択なので、ここで詳しく解説していきます。

業界によって年収が大きく変わる

業界によって全然利益が違うんですよね。

例えば、「不動産仲介業」がありますよね。
不動産を売るだけで、数百〜数千万円の利益を簡単に稼ぐことができます。

よって不動産業界の企業は利益が高く、その分、従業員に対して給料として還元することができます。

一方で、飲食業界だと、1店舗あたりの利益が非常に少ないので、どうしても給料を高くすることができません。

以上の理由から、まずは業界の選択が非常に重要だと理解してくださいね。
(同じ労働時間、同じような労働量だろうが、業界が違うだけで年収が10倍以上違うことも多い…。)

給料の高い業界一覧をまずは把握すること

業界選択の重要性が理解できたら、具体的に給料が高い業界を一覧で見ていきましょう。

外資系金融 1,515万円
専門コンサルタント 775万円
不動産 764万円
生命保険・損害保険 723万円
環境関連設備 685万円
金融総合グループ 676万円
住宅・建材・エクステリア 648万円
証券・投資銀行 642万円
精密機器 635万円
政府系・系統金融機関 631万円
マイナビ「業種別 モデル年収平均ランキング

これらの業界が年収が高いですね。

ちなみに「宿泊業、飲食サービス業」は平均年収が250万円とのこと。
宿泊や飲食は仕事が本当にキツイのに、平均年収は上位業界と比べて3分の1ほどですね…。

給料の高い業界の求人を転職エージェントから常に仕入れる

ここまでの解説で、「業界の選択」が重要だと理解できたと思います。

ですが皆さん「とは言ってもそういう業界の求人を探すのは面倒」と思いますよね。
僕も第二新卒での転職活動を経験したことがあるので、痛いほどよく分かります。

ですが、転職活動では就活と比較して「転職エージェント」のサービスがめちゃくちゃ充実してるんですよね。

よって複数の転職エージェントと連携して、常に「年収が高い業界の条件が良いお宝求人」を仕入れるようにしましょう。

転職エージェントとは、1度面談すれば担当者が付いてくれるので、担当者にそういった求人が入ったら連絡してもらうように頼みましょう。

第二新卒におすすめの転職エージェント

ちなみに利用すべき転職エージェントですが、第二新卒向けの大手である「ウズキャリ」は必須ですね。

加えて、保有する求人数が圧倒的に多い「doda転職エージェント」と「リクルートエージェント」の3つを併用するのがベストでしょう。

転職エージェントは複数利用した方が、当然ですが得られる求人が増えます。
またそれだけじゃなくて、担当者の質もそれぞれ比較することができるんですよね。

自分に合わない担当者を切ったりと柔軟に対応するためにも、3つ以上利用することを僕はおすすめしています。

転職エージェントから高収入業界の求人を仕入れる方法

転職エージェントから求人を仕入れる方法をもう少し具体的に解説しておきますね。

転職エージェントを利用する流れは以下のとおりで非常にシンプルです。

  1. 転職エージェントの登録をする
  2. 初回面談を予約する
  3. 初回面談を行う
  4. 求人をメールなどで送ってもらう
  5. 気に入った求人があれば選考の手配を進めてもらう
  6. 選考(内定の獲得)

この「初回面談」が非常に重要になってきます。

初回面談では「どんな条件の企業に入社したいのか」や「自分が気になる職種」などのヒアリングが行われます。

その際に、必ず「年収の高い業界の求人のみを紹介してください」と頼むようにしましょう。
そうすることで、「適当に色んな求人を紹介してくる」という行為を防止することができます。

家を借りる時も一緒ですよね。
自分が重視している条件を伝えることで、それに適した家しか紹介してこなくなって効率的です。

第二新卒は最初の転職がとにかく重要ですよ

第二新卒が転職を通して、年収1000万円を実現するためには、とにかく業界選択が重要でした。

それに加えて、企業ごとに給料の良い「職種」に異動したり、役職を上げていくことで実現することができます。
飲食業界や宿泊業界だと、どれだけリーダーで役職が高くても年収400万とかザラですからね…。

そして最初に言ったとおり、第二新卒での転職を失敗してすぐにまた転職するとなると「短期間での転職回数」が増えすぎてしまう。

そうなると、次に転職する時に「この人は自社もすぐに辞めそう」と思われてしまい、選考突破率が下がってしまうので要注意。
第二新卒は最初の転職がとにかく重要だと覚えておいてください!

ちなみに「年収が不満な人は「社内交渉」で年収を上げよう」にて、社内交渉での年収の上げ方も解説しています。
ぜひ合わせて年収アップに役立ててくださいね。