【Re就活の評判は?】利用者の口コミを元に徹底解説する!

20代、第二新卒向けの転職サイトとして有名な「Re就活」ですが、実際に利用した人からの評判が気になりますよね。

求人数だけでなく、求人情報の分かりやすさや登録のしやすさなどなど、利用する前に評判はしっかり押さえておきたいところ。

そこで本記事では、転職サイトRe就活を利用者の評判を元にして徹底解説していきます。
20代の方で、これから転職サイトを利用しようと考えている方はぜひ参考にしてくださいね!!

Re就活とは?|Re就活の概要を解説!

【公式サイト】https://re-katsu.jp/career/

総合おすすめ度 ★★★★・
①使いやすさ ★★★★・
②掲載求人数 ★★★★・
③転職エージェントとの連携のしやすさ ★★★★・

「Re就活」は東証一部上場企業である学情が運営する20代専門の転職サイトです。
(よって20代以外の人は利用価値が低いので、30代以上の方は大手の「リクナビNEXT」をおすすめします)

2018年に15周年を迎えた実績あるメディアで、会員数は100万人以上を誇り、92.5%を20代が占めています。

まさに20代のための転職サイトといえるでしょう。

Re就活に掲載されている案件は「第二新卒歓迎」「社会人経験不問」「職種未経験歓迎」といったものが多いため、キャリアに自信がない人でも良い転職ができる可能性は高いですよ

利用に際して費用は発生しないので、安心して登録しましょう。

第二新卒向けの転職サイトとしては2位と評価

ちなみに僕は第二新卒向けの転職サイトを1位〜20位でランキング付けしています。

その中でRe就活は2位と高評価している転職サイト。

第二新卒におすすめの転職サイトランキングが知りたい方は以下の記事もチェックしてくださいね!

第二新卒向け転職サイトおすすめランキング【1位〜12位】|10月5日最新!

総評|Re就活を実際に利用した感想

それでは、まず最初に実際に第二新卒としてRe就活を活用してみた感想をお伝えしましょう。
まとめると、以下の点が挙げられます。

  • 全体的に求人数は少なめ
  • 未経験歓迎の求人が多かった
  • スカウトが希望に合わない内容ばかりであまり使えない

それぞれ、以下に詳しく見ていきましょう。

全体的に求人数は少なめ

最初に感じたのは、「求人数が少ないなあ」というものでした。

希望条件に合った求人に巡り合うには求人数が多いほど良いのですが、Re就活の求人は8500件ほどでした。
ほかの大手サイトなどは、6万件をこえるところもあります。

Re就活はターゲットを20代に絞っているので仕方ない面もあるのですが、正直ちょっと物足りないなという数です。
地域別の差も大きく、関東エリアで約500件、関西エリアで約480件ほどありますが、九州エリアは150件ほどしかありません。

地方で転職活動する人は、ほかの転職サイトや転職エージェントも併用することが必要ですね。

未経験歓迎の求人が多かった

全体的な求人数は少ないものの、「未経験歓迎」や「第二新卒歓迎」の案件が多かった点は好印象でした。

Re就活は「これからの可能性を評価する唯一の転職サイト」をコンセプトとしていて、過去のキャリアを重視する案件ではなく、未経験でも応募できる求人を多く取り扱っているんですね。

第二新卒での転職活動は不安も大きいものなので、応募できる求人が多いのはそれだけで安心できました。

スカウトが希望に合わないものばかりであまり使えない

Web履歴書を登録しておくと、企業から直接連絡がくるスカウト機能があります。
ただし、登録した内容とはかけはなれた仕事の求人が届くことも多いです。

さらに、スカウトといいつつ、応募すると選考で落ちるなんてことも。
「なんのためのスカウトだ?」と言いたくもなりますが、実はこれはRe就活に限ったことではなく、スカウト機能を持つどの転職サイトでもわりとあることです。

こういうものなんだなととらえて、あまり期待せずに内容をチェックするとほうがいいでしょう。

Re就活のメリット・良い評判まとめ

どんな転職サイトでも、良い面もあれば悪い面もあるものです。
どのようなサイトなのかを知るためには、実際に利用した人の意見や評判が参考になります。

さきほど僕が利用した感想について述べましたが、ここではほかの人がRe就活を使った評判について紹介しましょう。

まずは良い評判からです。
およそ、次のような意見が見られました。

  • 未経験者歓迎・第二新卒向けの求人が多い
  • 求人の質が良い
  • 転職イベント(転職サポート・転職博)が役立つ
  • Re就活エージェントを利用してサポートも受けられる

それでは、実際の意見も紹介しながらひとつひとつ見ていきましょう。

良い評判①未経験者歓迎や第二新卒向けの求人が多い

Re就活は、20代にほぼ特化した転職サイトで、求職者のこれまでの経歴ではなくポテンシャルを評価することがコンセプトです。

そのため、大手総合型転職サイトにあるような経歴重視の求人よりも、未経験やあまりキャリアのない第二新卒でも応募できる案件を意図的に扱っています。

以下はRe就活が扱う求人を表した図ですが、どの層を重視しているかがわかるでしょう。

学情公式サイトより引用

転職サイトを使って中途採用を行う企業の多くは、即戦力になる転職者を求めています。
そのため、未経験歓迎の案件があまり見つからないことも少なくないもの。

業務経験があまりない、キャリアチェンジを図りたいなどの転職希望者にとっては未経験でも応募できる案件があるのは嬉しいですね。

良い評判②求人の質が良い

20代と若く、未経験でも応募できる案件が多いため、好待遇・高収入の案件がたくさんあるわけでないことは事実です。

とはいえ、実は意外と優良企業や良い条件の求人も掲載されているんですよ。

新卒のときはいけなかった大手や有名企業に入れるチャンスかもしれません。
先に述べたように、未経験でも応募できる案件が多いので、挑戦してみると良いでしょう!

良い評判③転職イベント(転職サポート・大転職博)が役立つ

求人検索したりスカウトや求人案内メールが来るのをまったりしていても、なかなかピンとくる案件は見つからないものです。

良さそうだなと思っても、実際にどんな企業や仕事なのかわからず、応募をためらってしまうことも多いのでは?

そんなときにおすすめなのが、Re就活が開催してる転職イベント(大転職博と転職サポート)です。

大転職博は、いわゆる転職フェアですね。

参加企業の人事担当者と直接話せる機会がもてるため、会社の雰囲気や社風なんかもわかりますし、疑問点を直接確認することもできます。

Re就活の転職カウンセラーが無料で転職相談にのるコーナーもあり。
履歴書の添削などにも対応しているので、相談だけでも行ってみる価値ありですね。

転職サポートは完全予約制・少人数制で行う転職支援企画です。

参加企業は最大で6社で、1社1社と面談することが可能。
転職に役立つ講座や転職相談コーナーもありますよ。

良い評判④Re就活エージェントを利用してサポートも受けられる

新卒のときは一斉に就職活動をするのであまり迷わずにすみますが、転職活動となるとそうはいきません。

どう進めればいいのかよくわからないなんて方も多いのではないでしょうか?
転職サイトだと、求人情報を集めるところから応募や面接日程の調整まで自分でしなければいけなくて大変ですよね。

Re就活は実はエージェントサービスも提供しています。
エージェントサービスに登録すると、担当のキャリアアドバイザーがつき、さまざまな転職支援をしてもらえます。

求人の紹介のほか、面接日程の調整や履歴書・職務経歴書の添削などもしてもらえるので、ひとりで転職活動をするよりずっと効率的ですよ。

Re就活のデメリット・悪い評判まとめ

次に、Re就活のデメリットやあまり良くない評判について紹介します。

ただし、あまり評判が良くなくても、自分が利用してみたらそうでもなかったということもあります。

たとえば、担当者から連絡がひんぱんに来る場合、「うっとうしい」「うざい」という人もいれば、「こまめな連絡で親身に考えてくれる」と感じる人もいますよね。

同じことでも人によって印象が違うことはよくあるため、悪い評判もうのみにせず冷静に判断するようにしましょう。

Re就活には、以下のようなあまり良くない評判がありました。

  • 求人メール・スカウト機能があまり使えない
  • ほかのサイトと比較して求人数が少ない
  • 質の悪い求人が混じっている
  • Re就活エージェントの担当者は質が高くない
  • アプリが使いづらい

それぞれ、実際のコメントと併せて詳しく見ていきましょう。

悪い評判①求人メール・スカウト機能があまり使えない

Re就活に登録すると、求人案内メールやスカウトが届きます。
これらの違いは以下の通りです。

サービス 内容
求人案内メール 登録した経歴や希望条件に合わせてマッチする求人情報が届く
スカウトメール 登録した経歴を見た企業から選考の案内が届く

こちらから求人検索をしていても見つからない案件である可能性もあり、ありがたいサービスですね。

とはいえ、これらの通知がやたら届いてうるさい、うざいという意見が非常に多かったです。

また、届くのはいいものの、希望している職種とまったく違う求人の案内が届くなど的外れなものが多く使えないというケースも。

これではうんざりしてしまいますね。
ただ、実はこのような状況はどこの転職サイトでも見られます。

「どこもこのようなもの」と割り切って、一応は目を通し自分に合うものを選ぶようにすると良いでしょう。

悪い評判②ほかのサイトと比較して求人数が少ない

最初のほうでも述べましたが、「求人が少ない」というのもかなり多く見られた意見でした。

参考までにほかの求人サイトと案件数を比べてみましょう。

ビズリーチは約9万6000件、dodaも6万2000件扱っていますので、文字通り桁が違います。

とはいえ、Re就活は20代をターゲットにし、未経験でも応募できる求人のみを扱っているので求人数が少なくなるのは仕方ない側面もあるのですが。

特に地方の求人はあまりありません。
関東・関西以外の地域で転職先を探している人は、ほかの転職サイトや転職エージェントも利用したほうが良いでしょう。

悪い評判③質の悪い求人がまじっている

Re就活は大手や有名企業の案件もありますが、一方であまり質が高くないと思われる求人もちらほら見受けられます。

ブラックだと気がつかずに応募し、内定して働きはじめてから「こんなはずではなかった」と再度転職を考える事態に陥ることは避けたいものです。

20代のうちにあまり何度も転職回数を重ねると、どんどん採用されにくくなってしまいます。

気になる求人があったら、企業の口コミサイトなどをチェックして評判を調べ、慎重に検討してからにしましょう。

なお、どの転職サイトであっても、ホワイト企業の求人のみを扱っているということはありません。
どうしても質の低い求人も混じってしまうので、質を見極める目を磨くことが大切です。

悪い評判④Re就活エージェントの担当者は質が高くない

転職サイトを使ってひとりで転職活動をするのが不安な求職者にとって心強いのがエージェントサービスです。

ところが、Re就活エージェントの担当の対応が良くないという意見も見受けられました。
特に、連絡がない、対応がいい加減というものが目立ちます。

キャリアアドバイザーは一人で何人もの求職者を担当していて忙しいのかもしれませんが、こちらも真剣に転職活動をしているので最低限の連絡はしてほしいものです。

ただし、アドバイザーとの相性もあります。
相性が悪いと、親身になってアドバイスをしてくれても素直にきけなかったり、ちょっとしたミスを大きくとらえてしまったりするもの。

どうしても合わないと思ったら、担当者の変更を申し出てみるのも1つの方法です。

ちなみに僕がおすすめする転職エージェントは「第二新卒におすすめ転職エージェントランキング|全16社徹底比較」にて紹介しているので、転職エージェントを利用したい場合はこちらを参考にしてください。

悪い評判⑤アプリが使いづらい

Re就活には公式スマホアプリもあり、手軽に求人検索やスカウトのチェックなどができます。
時間ができたときにいつでもどこでも見られるので、転職活動に欠かせません。

なのですが、Re就活のアプリはなぜかやたら重い、読み込みが遅い
この点について批判がかなりありました。

スマホアプリもブラウザも基本的な内容は同じなので、さくさく進めたいならパソコンのほうがストレスフリーです。

とはいえ、ちょっとした隙間時間を活用できるのがスマホアプリの最大のメリットなので、動作の遅さは改善してほしいものですね。

Re就活と必ず併用すべき転職エージェントについて

ここまで、Re就活の良い評判・悪い評判を紹介しました。
Re就活は20代で転職活動をするなら、登録しておいて損はない転職サイトといえるでしょう。

とはいえ、繰り返しになりますが求人が少ないため、Re就活を転職活動の軸にするのはおすすめできません。

情報収集を目的として求人検索をしたり大転職博などのイベントに参加したりしながら、転職エージェントも利用することが望ましいです。

転職サイトと転職エージェントを一緒にしている人もいるため、違いを簡単に紹介しましょう。

転職サイトとは?

主な役割は求人情報の提供で、Re就活のように、求人情報の案内メールやスカウトが届くサービスを実装している転職サイトも多いです。
求職者自身で情報を収集し、応募や面接日程の設定まで自分ひとりで進める必要があります。

転職サイトを利用する主なメリットは以下のとおり。

  • 閲覧・検索できる求人が非常に多い
  • マイページで応募履歴などを管理できる
  • 自分のペースで転職活動を進められる

デメリットとしては以下の点が挙げられます。

  • 情報収集から応募、面接日程の調整などすべて自分ひとりで行う必要がある
  • 選考で落ちても何が悪いかわからない

転職エージェントとは?

転職エージェントの主な役割は、企業から依頼を受けて登録者のなかから希望に合う人材を探して紹介するというものです。

専任のキャリアアドバイザーがつき、マッチする求人の紹介、応募代行、日程調整、面接対策と内定を得るまで幅広くさまざまなサポートをしてもらえます。

以下のようなメリットがあります。

  • キャリアアドバイザーがマッチする求人を紹介し、応募や面接日程の調整も代行する
  • 面接対策が受けられるため、選考に通過する可能性があがる
  • 応募企業に対して年収や休日日数などの条件交渉をしてもらえ、より良い条件で転職できる可能性が高くなる

デメリットは以下のとおりです。

  • ハイキャリア専門など経歴やスキルとマッチしない転職エージェントに登録しても紹介してもらえない
  • キャリアアドバイザーとの相性によってはうまくいかないこともある

併用すべきおすすめ転職エージェント

転職サイトと転職エージェントの違いがおわかりいただけたでしょうか。
似ているようでそれぞれの役割が異なるため、効率よく転職活動を進めたいならどちらも併用して良い面を活用することが大切です。

数ある転職エージェントのなかから選ぶポイントとして、次の2点があります。

  • 保有求人数が多い
  • キャリアアドバイザーの評判が良い

求人数が多いほど、希望条件に合った案件を紹介してもらいやすくなります。
また、アドバイザーの質がイマイチでは効率よく転職活動ができません。良質なアドバイザーがいるかどうかは重要なポイントです。

おすすめは、業界大手の転職エージェント「リクルートエージェント」です。
転職支援実績が高くアドバイザーの評判も良いことに加え、10万件をこえる非公開求人を保有しています。

第二新卒で転職したい人であれば、第二新卒・既卒に特化した「ウズキャリ」も良いでしょう。また「doda転職エージェント」も登録しておく価値があります。

【保存版】第二新卒におすすめ転職エージェントランキング|全16社徹底比較

Re就活を利用すべき人の特徴

どんな転職サイトでも、合う人もいれば合わない人もいるものです。
合わない転職サイトに登録してしまうと、うまく活動できず長引くことになりかねません。

以下に当てはまる人なら、Re就活を利用すると良いでしょう。

  • 正社員歴がない・浅い20代で正社員として転職したい人
  • 未経験の業界・職種に転職したい人
  • 自分のペースで転職活動を進めたい人

それぞれ、次から詳しく見ていきましょう。

①正社員歴がない・浅い20代で正社員として転職したい人

これまでにも述べましたが、Re就活は20代に特化した転職サイトです。

20代が活躍できる求人を数多く扱っていて、第二新卒の求人も多め。
既卒やニート・フリーターの就活特集もあります。

正社員歴がなかったり、1、2年で辞めてしまって経歴が浅かったりする人でも応募できる求人を見つけやすいです。

ただし、地方の求人が少ないため、ほかの転職サイトや転職エージェントも活用すると良いでしょう。
転職サイトなら「リクナビNEXT」などの大手がおすすめです。

②未経験の業界・職種に転職したい人

就職はしたものの、働いてみて自分に合わないことがわかったり本当にしたいことが見つかったりして、違う業種や職種に転向したくなることがあるものです。

ところが、中途採用は基本的に企業が即戦力になる人材を求めて行うもののため、大手転職サイトなどでは未経験歓迎の転職サイトはあまりないもの。

Re就活には業界や職種未経験でも応募できる求人が数多く掲載されているため、希望に合った案件に巡り合える可能性が高いです。

③自分のペースで転職活動を進めたい人

転職を考えているといっても、すぐに職場を変わりたい人だけでなく、まだ検討している段階の人もいるでしょう。

そのような段階では、どんどん転職の話を進められてしまうのは困りますよね。
Re就活は、そんな自分のペースで転職活動を進めたい人に向いています。
登録したからといって電話がかかってきて面談の日を予約させれたりしません。

本格的に転職活動を始めることに決めたら、改めてRe転職エージェントサービスに登録するといったこともできます。

Re就活の利用方法

ここでは、Re就活を利用するための手順について解説します。

①Re就活公式サイトにアクセスする

まずはRe就活の公式サイトにアクセスします。
右上にある「新規会員登録」ボタンを押しましょう。

②必要事項を記入して登録する

登録フォームが表示されますので、必要事項を記入し、最後に「同意して登録する」ボタンを押します。
記入するのは、氏名、メールアドレス、パスワードです。
最後にある「Re就活エージェントから情報を受け取る」のチェックをつけておくと非公開求人などの情報も受け取れますよ。

③プロフィールを登録する

次にプロフィール入力画面が表示されますので、設問に沿って答えていきましょう。

氏名や住所、大学卒業年、性別、英語スキルの有無、就職経験などについて問われます。
最後に職務内容や転職理由について自由に記入できる欄があるので、良い求人を紹介してもらうためにもしっかり書きこみましょう。

次いで希望する勤務地や職種、給料、条件などが問われます。
顔写真の登録を促すページもありますが、これは後から追加可能です。

④求人を探す

登録が済んだら、さっそく求人を探しましょう。

Re就活の退会方法

どうしても合わないときのため、退会方法も紹介しておきます。

①Re就活にログインし、右上の氏名の下にある「設定変更」を押す

ログインすると、右上に「ようこそ○○さん」と表示されますね。
その下にある「設定変更」をクリックします。

②設定変更ページの下部にある「退会する」ボタンを押しましょう。

本当に退会するかどうか聞かれるので、気持ちが変わらなければ「退会手続きに進む」ボタンを押します。

退会理由について聞かれるので、該当するものをチェックして最後に「退会する」を押します。
これで退会手続きは完了です。

Re就活に関するよくある質問

ここでは、Re就活に関してよくある質問をとりあげ、解説します。

①正社員歴がない20代前半のフリーターですがRe転職で求人が見つかりますか

Re転職には「社会人経験不問」の案件もたくさんあり、脱ニート・フリーター特集のページもありますので、見つかる可能性は高いです。

就活経験がなく、転職活動をどう進めればわからないときはRe就活エージェントも利用してみると良いでしょう。

ほかの転職エージェントでは正社員歴がない人は登録を断られることもありますが、Re就活エージェントならサポートしてもらえます。

②今20代後半ですが、転職博は年齢制限がありますか

年齢や経歴などの制限はありません。
参加者の中心は20代のため、20代後半であれば特に問題なく参加できますよ。

③エージェントサービスを利用するには費用が発生しますか

エージェントサービスに登録しても、費用を払う必要はありません。
すべて無料でサービスを利用できます。

④スカウトメールが大量に来るのでどうにかしたい

スカウトメールは配信を停止できます。
メールマガジンやお知らせメール、企業からのメールなどもすべて停止できますので、状況に合わせて設定し直しましょう。

ログイン後に右上にある「設定変更」ボタンを押して内容を変更します。

Re就活に関するそのほかの評判・口コミまとめ

最後に、紹介しきれなかったRe就活の評判や口コミをお見せしましょう。
参考になると思いますので、ぜひご覧ください。


20代特化であることがRe就活のウリ。
20代で転職するならRe就活が良いという意見はたくさん見られました。


Re就活は20代特化ですが、第二新卒や既卒、フリーターが対象の求人が中心なんですね。
上記の意見のように、スキルがある人にはやや物足りないでしょう。
キャリアやスキルのある人は、20代でハイキャリアを目指す人向けの「キャリトレ」などがおすすめです。


転職活動にどのくらいの期間がかかるものか、心配な方は多いのではないでしょうか。
20代の転職活動の平均期間は約3カ月前後といわれています。
2カ月で決まったのはスピーディですね。


本記事で述べたように質の悪い求人も紛れていることがあるので、通知がきてすぐに飛びつくのではなく、いったん調べてみる姿勢は大切です。
良い企業かどうかしっかり確認しましょう。


大転職博は情報収集に役立ちますが、残念ながら希望の職種を募集していないときもあるようですね。
詳細ページにどのような企業がくるか掲載されていますので、行く前に確認すると良いでしょう。


スカウトメールが大量に来て、戸惑っている声もありました。
もちろん、登録後にRe就活から届くスカウトメールなので問題はありません。
ただ、機械的に送り付けているものも多いと思われるので、内容を精査する必要はあるでしょうね。


スカウトメールは役立たない、うざいなんて声も多いですが、良い案件が届くことももちろんあります。


上記ふたつのように、複数の転職サービスを利用している転職希望者はたくさんいました。
ひとつに絞ってしまうと、得られる情報や利用できるサービスが限られてしまうため、複数に登録して活用しましょう。
多すぎても管理しきれないため、メインとなる転職サービスをひとつ決めるのがコツです。

本記事まとめ

最後まで記事に目を通していただき、ありがとうございました。

Re就活についてまとめると、以下のようになります。

  • 20代の第二新卒・既卒・フリーターなどが応募できる求人が多い。
  • 大手の転職サイトなどと比較すると求人数は少なめのため、ほかの転職サービスとの併用がおすすめ。
  • 転職イベントに参加するとさまざまな企業の情報が手に入る。
  • スカウトや求人案内メールがたくさん届くため、面倒なら配信停止を。

第二新卒や20代のフリーター・ニートから正社員を目指すなら、登録して損はないでしょう。
とはいえ、Re就活だけでは求人も少なく、十分ではありません。

ほかの転職サイトや転職エージェントにも登録し、自分と相性の良いところを見つけると良いでしょう。