【レバテックキャリアの評判は?】実際の利用者の口コミを元にメリット・デメリットを解説!

こんにちは!
大手食品メーカーを1年で退職し、第二新卒での転職活動を経験した就活マンです!

キャリアに関して5年以上ブロガーとして研究し続けており、「有益で本質的な情報のみを届けること」を信念にしています。
(表面的で薄い内容の記事が多く見られるので、それを打破したい、、、!)


今回はIT・Web業界に特化した転職エージェント「レバテックキャリア」について徹底解説していきます。

知名度自体は高くないですが、IT・Web業界向けの転職では質の高いサービスです。
IT業界経験者のキャリアアドバイザーがいるのも信頼できる部分ですね。

ただ、転職エージェントを利用するのであれば、誰でも事前に利用者の評判やメリットなどは知っておきたいところ。

そこで本記事では、レバテックキャリアを実際に利用した人の評判を元に、メリットやデメリットについて詳しく解説していきます。

レバテックキャリアとは?

【公式サイト】https://career.levtech.jp/

「レバテックキャリア」は、レバテック株式会社が運営するIT・Web業界に特化した転職エージェントです。

一般的な知名度はあまり高くありませんが、IT・Web業界の案件取扱数は業界トップクラス。
この分野での転職を目指す人なら、とりあえず押さえておきたい転職エージェントです。

下記はレバテックキャリアで求人を扱う企業の一部。
大手から中小、ベンチャー企業まで数多くの案件を保有しています。

また、レバテックキャリアが2005年にSES事業でスタートしていることもあり、エンジニア出身のキャリアアドバイザーがたくさん在籍しているのも特徴の1つです。

総合型転職エージェントにありがちな、「担当のキャリアアドバイザーが業界について理解が浅く、話がかみ合わない」「的確なアドバイスがもらえない」といった心配がありません。

キャリアを積んでいるITエンジニア向けのハイクラス案件が豊富な点も大きな特徴で、年収600万円以上の求人を多く扱っています。
ただし、実務未経験で応募できる求人は少なめです。

なお、「転職した方がいいかわからない」「自分の市場価値が知りたい」といった人でも、キャリアや転職に関する悩みなら相談にのってもらえます。

そこで、「転職して収入アップさせたい」「もっと条件の良い職場に移りたい」人も、「すぐに転職したいわけではない」「まだ悩んでいる」人も、まずは相談してみると良いでしょう。

レバテックキャリアに登録する

レバテックキャリアの良い評判|利用メリット

ここでは、実際に利用した人の評判・口コミから読み取れるメリットについて解説していきます。
主に、以下のような良い評判が見受けられました。

  • キャリアアドバイザーの質が良い
  • 良質な非公開求人が多い
  • IT・Web業界へのサポート実績豊富
  • Progate(プログラミング学習サービス)のレッスンが半年無料

それぞれ詳しく見ていきましょう。

利用メリット① キャリアアドバイザーの質が良い

転職活動をする人の特長や強み、得意分野などを最大限に活かすための助言やアドバイスをしてくれます。
私の場合も、自分では気づくことができなかった一面を気づかせてくれました。以前とは見違えるほどの、自己PR ができるようになったのも、このサービスのおかげです。

(引用:「みん評」)

最初にも述べましたが、レバテックキャリアに所属するキャリアアドバイザーは業界知識に詳しく、親身に対応してくれると高い評判を得ています。

専門性の高い職業に転職するなら、深い技術の話も理解できるキャリアアドバイザーの存在はかなり心強いでしょう。

レバテックキャリアのキャリアアドバイザーは、技術に強いだけでなく業界動向やキャリアついてもよく把握しているので、求職者に実用的なアドバイスをすることが可能です。

また、自分では気づかなかった強みを指摘してもらえたり最適なキャリアパスを提案してもらえたりする点を評価する声も多く見られました。

ちなみに、「レバテックキャリア」の公式サイトによると、キャリアアドバイザーは年に3000回以上も企業を訪れ現場のリアルな情報を入手しているとのこと。

実際に働く職場をよく知っているため、転職希望者に最適な求人が紹介でき、ミスマッチが起こりづらくなっています。

応募するまえに職場の雰囲気やリアルな人間関係、繁忙期の残業時間などさまざまな内情を詳しく聞けるのも大きなメリットです。

利用メリット② 良質な求人が多い

レバテックキャリアのサイト上で検索できる求人は、扱っている案件のほんの一部。
一般には公けにしていない非公開求人を数多く保有しています。

企業が求人を非公開にする主な理由には、以下のようなものがあります。

  • 魅力的な条件の求人で、一般に公開すると応募者が殺到することが予想されるため
  • ライバル企業に知られたくない新規プロジェクトに就く人材を募集するため
  • 誰か辞めるなどして急ぎで人が欲しいため

レバテックキャリアが保有する非公開求人は、条件が良好な案件が多いと好評です。

先に紹介した口コミにも「多少の被りはあるがリクルートやdodaにのっていない求人が多かった」とあったとおり、独占求人も多数保有しています。

独占求人とは、その転職エージェントでしか扱っていない求人のことです。

企業としては、依頼した転職エージェントから希望する人材とマッチしない求職者ばかり紹介されては困るもの。

ところが、転職エージェントによっては、担当者に業界知識がないために的外れな人材ばかり紹介されるということがあるのです。

その点、業界に精通した担当者が多いレバテックキャリアであれば、すぐに話が通じ、企業としても安心して任せられます。

独占案件が多く集まっているのには、このような理由もあるでしょう。

利用メリット③ IT・Web業界へのサポート実績豊富

IT・Web業界に特化しているだけに、サポートノウハウが豊富で効果的な支援が受けられると評価する口コミも多くみられました。

企業の求人に応募する際には履歴書や職務経歴書の作成が不可欠ですが、これらはただ履歴や職歴を記載すれば良いものではありません。

特に、既定のフォーマットがない職務経歴書は「何を書くか」「どのように書くか」がとても大切です。

同じ人物の職務経歴書でも、書き方が悪ければ採用担当者の目にとまりませんし、ポイントを押さえた書き方をすれば興味を持ってもらえます。

レバテックキャリアの担当者は、どのように書けば志望企業の採用担当者に”刺さる”かをよく把握しているので、効果的なアドバイスが得られるのです。

これは面接でも同じで、受け答えの際に注意すべきポイントや好印象を与えるふるまいなど有益なアドバイスをしてもらえます。

このような効果的なサポートが受けられるので、レバテックキャリアを通すと内定を獲得する確率がぐんと高まるのです。

利用メリット④ Progateのレッスンが半年無料

レバテックキャリアを通して転職すると、Progateを半年間タダで利用できる点を喜ぶ声も多数見受けられました。

Progateとはプログラミングがオンラインで学べるサービスです。
ゲーム感覚で学習を進められ、専門知識が身につくとして高い評価を得ています。

転職活動中に役立つサービスではありませんが、無料で仕事に役立つ内容が学べるのは素晴らしいですね。

レバテックキャリアの悪い評判|利用デメリット

レバテックキャリアはIT・Web業界でキャリアを積みたい人にとって良い転職エージェントです。

とはいえ、良い評判やメリットだけでなく、なかには悪い評判やデメリットもあります。
たとえば、以下のような点です。

  • 対象地域が少ない
  • 未経験求人はほとんど扱っていない
  • 対応が良くないキャリアアドバイザーもいる

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

利用デメリット① 対象地域が少ない

IT企業の多くは都市圏に拠点を置いています。
そのため、IT・Web業界に特化した転職エージェントが扱う求人も都市部に偏っていることが多く、地方は少ない傾向にあります。

IT・Web業界特化型のなかではトップクラスのレバテックキャリアも同様で、対象地域は多くありません。

レバテックキャリアの拠点は東京本社と名古屋、大阪、福岡の4つのみで、求人の多くはこれらの都市とその周辺地域に偏ります。

ここで、公式サイトではどの地域の求人を掲載しているのか見てみましょう。(2021年4月6日時点)

勤務地 求人数 勤務地 求人数 勤務地 求人数
北海道 愛知 225 山口
茨城 三重 高知
群馬 滋賀 15 福岡 547
埼玉 24 京都 129 佐賀
千葉 51 大阪 1012 長崎
東京 7323 兵庫 110 熊本 15
神奈川 286 奈良 10 大分
石川 島根 宮崎
長野 岡山 鹿児島  5
静岡 広島 34 沖縄
9847

※表中にない県は求人数がゼロのところです

見てのとおり、ほとんどが東京に集中しています。全求人数の7割をこえていますね。
ついで大阪が多く、あとは福岡、神奈川、愛知にそこそこあるといったところでしょうか。

もちろん、非公開求人を豊富に保有しているため、実際にはもっとあるでしょう。
とはいえ、割合で考えればやはり求人は都市部に偏っているといえるでしょう。

都市部に住んでいる人や身軽に引っ越しできる人はあまり問題ないかもしれません。
しかし、地方で転職したい人にとって、この偏りはデメリットでしょう。

求人の少ない地域でIT・Web業界への転職を考えている人は、レバテックキャリア以外の転職エージェントにも登録しておくのがおすすめです。

利用メリット② 未経験求人はほとんど扱っていない

レバテックキャリアは、基本的にIT・Webエンジニアの経験者を対象としています。

独学やスクールなどで知識や技術を学んでいたとしても、実務経験がなければ応募できない求人がほとんどです。

ちなみに、サイトの検索機能を使って「未経験応募」で検索してみたところ、ヒットしたのはわずか2件でした。
非公開求人で未経験応募可能なものもあるかもしれませんが、あまり期待できないでしょう。

実務経験のない人が登録しても、「紹介できる案件がないので」といわれてキャリアカウンセリングをしてもらえない可能性が高いです。

「せめてキャリア相談くらいしてくれてもいいんじゃないの!?」と言いたくなりますが、レバテックキャリアは慈善事業でもハロワのような公的機関でもないので、ある意味しかたないんですよね。

そもそも、転職エージェントは紹介した人材を企業が採用したときに報酬が支払われるしくみです。

いいかえれば、採用される見込みの低い人を熱心にサポートしても売上につながらないということ。
なので、未経験の人はやんわり断られてしまうことが多いのです。

ただし、以下のような口コミもありました。

登録したタイミングやキャリアアドバイザーによっては、未経験でもサポートしてもらえる可能性があるようです。

気になる人は、問い合わせだけでもしてみると良いでしょう。

利用デメリット③ 対応が良くないキャリアアドバイザーもなかにはいる

キャリアアドバイザーの対応が良かったと良い評判も多い一方で、「最低だった」「嫌い」など散々な評価も見られました。

ただし、これはレバテックキャリアに限ったことではありません。
大手の転職エージェントでも、キャリアアドバイザーについての評価はわかれることが一般的です。

転職エージェントには複数のキャリアアドバイザーが所属しています。
親身になって丁寧に対応してくれる人もいる一方で、対応の良くない人もなかにはいるのでしょう。

また、キャリアアドバイザーと求職者との相性もあります。
おおむね評判が良いアドバイザーでも、相性が悪い求職者があたると「なんとなくイヤ」などと感じたりすることもあるでしょう。

いずれにせよ、キャリアアドバイザーと合わない、信頼できないと感じたときは我慢したり遠慮したりする必要はありません

お問い合わせ窓口」からキャリアアドバイザーを変更してもらえるよう、お願いしてみると良いでしょう。

担当が変わることで、転職活動がスムーズに進むようになる可能性があります。

なお、変更を依頼するときは、感情的に怒りや不平をぶちまけないことが大切です。
悪い感情を持たれてしまうと、担当者を変更しても親身にサポートしてもらえないかもしれません。

冷静に、変更してほしい旨や理由を伝えるようにしましょう。

利用デメリット④ 電話での連絡が多い

大手の転職エージェントの悪い評判では「大量のメールが送られてきて追いきれない」「メールが多すぎて迷惑」といった内容がよく見られます。

実際、「doda転職エージェント」や「リクルートエージェント」などに登録すると、コワいほど大量のメールが届きます。
配信停止すれば届かなくなるので解決するんですけどね。

一方、レバテックキャリアでは「メールが多くて迷惑」といった口コミはみかけませんでした。
かわりに、「電話がやたら多い」という内容の口コミがちらほら

これは、在職中で忙しい人にとってはストレスでしょう。
会社で転職エージェントとのんきに話すこともはばかられますしね。

基本的に、転職エージェントからの連絡は無視せず対応すべきです。
とはいえ、でられない時間帯に電話がかかってきても対処のしようがありません。

担当のキャリアアドバイザーに、電話をかけても良い時間を伝えるか、ほかの方法で連絡してほしいと頼むと良いでしょう。

レバテックキャリアがおすすめな人・おすすめではない人

ここでは、レバテックキャリアを活用するのがおすすめな人・そうでない人について解説します。

おすすめな人

レバテックキャリアが向いているのは次のような人です。

  • IT・Webエンジニアとして実務経験がある
  • キャリアアップ・年収アップしたい
  • 対象地域で転職したい

経験者の転職支援が基本のため、実際にエンジニアとして働いたことがある人に向いています。
高年収の求人も多いため、転職してキャリアアップや年収アップしたい人にもおすすめです。

条件に当てはまる人は、積極的に活用すると良いでしょう。

おすすめではない人

向いていないのは、以下に当てはまる人です。

  • IT・Webエンジニアの経験がない
  • 対象地域以外のエリアで転職したい

未経験者でも利用できないわけではありませんが、求人も少なく、カウンセリングもしてもらえない可能性があるためあまりおすすめできません。

対象地域以外のエリアで転職したい場合、そもそも支援を受けられないので、これも不向きです。

レバテックキャリアの登録・利用・退会方法

ここまでで、レバテックキャリアのメリットやデメリット、おすすめの人などがおわかりいただけたでしょう。

IT・Web業界の経験者で転職を検討している人は、レバテックキャリアに登録して損はありません。
そこで、ここでは登録や利用の方法について解説します。

登録・利用の方法

登録してから内定を得るまでの流れは、以下のようになります。

引用:「レバテックキャリア

それでは、ステップごとに見ていきましょう。

※パソコンで登録する場合について解説します。

Step1.公式サイトから申し込み

レバテックキャリアの公式サイトにアクセスして、トップページの緑ボタン「無料で申し込む」「自分の市場価値を聞いてみる」「エージェントに相談する」「非公開求人を紹介してもらう」のどれでもいいのでクリックしましょう。

どのボタンからでも以下の画面がでるので、指示に従って進めていきます。

Step2.必要項目を入力して登録

登録する項目は、氏名(ふりがな)、生年月日、電話番号、メアド、スキルシートやポートフォリオの有無などです。

登録内容に間違いがないか確認したあと、「同意して登録」を押せば完了です。

このあと、経験や希望条件の入力画面に移りますので、同じように入力を進めていきましょう。

経験については、現在の在籍状況や転職回数、現在の職種、実務経験年数、業務形態、経験言語や工程などが問われます。

希望条件は、入社希望日や年収、希望勤務エリア、希望職種を記入します。

内容を確認して送信すると3営業日以内に担当者から連絡がきますので、面談(キャリアカウンセリング)の日程を決めましょう。

電話やオンラインでの面談にも対応しています。
都合の良い方法を選びましょう。

Step3.対面もしくは電話・オンラインで面談

面談はキャリアアドバイザーとマンツーマンで行い、これまでの経歴やスキルの棚卸、希望条件のヒアリングなどが行われます。

Step4.紹介された求人に応募する

面談後、スキルや希望に合った求人をいくつか紹介してもらえるので、良い案件があれば応募したい旨を担当のキャリアアドバイザーに伝えます。

応募の意思がある場合は、紹介を受けてからおよそ3日以内に伝えるようにしましょう。

Step5.必要に応じて応募書類の添削などの選考対策を受ける

応募する企業が決まったら、書類添削や面接対策を受け、ばっちり準備しましょう。

Step6.内定を得たあとは年収などの交渉をしてもらえる

はれて内定を得たあとは、キャリアアドバイザーが窓口になって入社日や労働条件などを交渉・調整してくれます。

自分からは言い出しにくい給料アップなどの交渉も、お任せしちゃいましょう。

退会方法

レバテックキャリアに登録したものの、別の転職エージェント経由や自力応募などで転職先が決まったり担当者と合わなかったりして、退会したくなることもあるでしょう。

そこで、ここでは退会方法についても紹介しておきます。

レバテックキャリアには退会フォームなどはありません。
一番簡単なのは、担当のキャリアアドバイザーに連絡して「退会します」と伝えることです。

担当キャリアアドバイザーに直接言いづらい、そもそも誰か忘れたといったケースでは、下記メールアドレスか電話番号に連絡しましょう。

メール:lt_entry@levtech.jp
電話:03-5774-1762
レバテック株式会社 エントリーチーム宛

電話のほうがスピーディですが、退会の意思を伝えた証拠を残すためメールで連絡するのがおすすめです。

あまり難しく考える必要はありませんが、一応例文を紹介しておきます。参考にしてください。

お世話になっております。〇〇(お名前)です。

諸事情により転職活動をいったん止めることにしましたので、
退会したく、ご連絡いたしました。

これまで丁寧にサポートいただき、大変感謝しております。
ありがとうございました。

なお、退会しても将来また転職を考えたときに再登録することは可能です。

レバテックキャリアを利用する際の注意点

注意点① 複数の転職エージェントを併用する

レバテックキャリアは地域によって保有求人数に大きな偏りがあるため、転職活動をしているエリアによってはあまり紹介が受けられないことがあります。

納得のいく転職活動をするためには、求人情報をたくさん集めることが非常に大切です。
また、転職活動を通じてサポートしてもらうキャリアアドバイザーとの相性もかなり重要。

そこで、利用する転職エージェントをレバテックキャリア1つに絞らず、複数に登録するのがおすすめです。

複数の転職エージェントを併用することで、たくさんの求人情報が集められ、相性の良いアドバイザーに出会える可能性も高まります

いくつかの転職エージェントで面談を受けてみて、信頼できると思ったところ、使いやすいところ2~3社をメインに利用すると良いでしょう。

注意点② 経歴やスキルで嘘をつかない

キャリアに自信がないからといって、経歴やスキルなどで嘘をつくのは絶対にやめましょう。

書類選考は突破できても、面接でつっこまれれば嘘がばれる可能性があります。
信用できない人物との印象を与えてしまうため、面接はほぼ確実に落ちるでしょう。

さらに、キャリアアドバイザーからの信頼も失い、以後は案件を紹介してもらえなくなる可能性があります。

注意点③ 推薦状は提出前に一度見せてもらう

企業に応募する際に提出する書類には、求職者が作成した履歴書と職務経歴書のほかに、キャリアアドバイザーが書いた推薦状があります。

推薦状とは、求職者の強みや人柄、スキル、転職理由などを企業にアピールするための書面です。

これは単なる添え状ではありません。
採用担当者はしっかりと目を通して、選考結果を決める際の判断材料にしています。

かなり重要な書面なのですが、こちらが何も言わなければ黙って企業に提出されてしまう可能性が高いです。

内容がわからないまま企業にわたされてしまうと、記載内容と面接での回答にズレが生じる可能性も考えられますね。

それは怖いので、「面接で失敗したくないので推薦状見せてください!」と担当キャリアアドバイザーにお願いすると良いでしょう。

レバテックキャリアと併用すべきおすすめ転職エージェントについて

先に述べたように、転職エージェントはレバテックキャリアだけに絞らず、複数に登録するのがおすすめです。

とはいえ、どこが良いか迷う人も多いでしょう。
そこで、おすすめの転職エージェントを紹介します

▼利用した僕がおすすめできる転職エージェント
(※複数利用して担当者の質を比較するのがベストです!目安はまず2〜3社を併用)

  • リクルートエージェント
    ー保有求人数が日本イチの転職エージェント
    ー僕が利用した時も担当者が非常に丁寧に対応・支援してくれました
  • doda転職エージェント
    ー保有求人数がリクルートエージェントに次ぐ量を持つ
    ー担当者のメールや電話のレスポンスが非常に高かったです
  • マイナビジョブ20’s
    ー20代に特化したマイナビが運営する優良エージェント
    ー利用者からの評判が非常に良いのでおすすめ

▼転職者が必ず登録しておくべき求人サイト
(※まずは下記の大手2サイトを登録して新着求人を常に確認しましょう)

  • Re就活
    ー20代の転職に特化した大手の転職サイトです、第二新卒向けの優良求人が多いのが特徴です
  • リクナビNEXT
    ー掲載求人数が日本イチの求人サイトなので絶対に登録しておくべきサイトです

レバテックキャリアに関するよくある質問

ここでは、レバテックキャリアに関してよくある質問をピックアップして回答していきます。ぜひ参考にしてください。

質問① ログインできないときはどうする?

レバテックキャリアに登録すると、会員専用ページにログインできるようになります。
会員専用ページは、転職活動を管理するために欠かせません。

ところが、なぜかログインできなくなることがあります。
ログインできないと使えないので困りますよね。

原因としては、単純にIDやパスワードの入力をミスっている、cookieが無効になっている、登録から一定以上の時間が経ってしまって登録が削除されているといったパターンが考えられます。

まずは落ち着いてIDやパスワードを入力しなおしてみましょう。
もし、正確なIDやパスワードが思い出せないときは、ログイン画面の「パスワードを忘れてしまった方はこちら」から再設定できます。

正しいIDとパスワードを入れても「ページを表示できません」とエラーメッセージがでるときは、cookieが無効になっている可能性があります。

これはブラウザの設定からcookieを有効にすれば解決するでしょう。

質問② 第二新卒でも利用できる?断わられた人もいるってほんと?

第二新卒でも、エンジニアとして1~3年程度の実務経験があるなら登録する価値はあるでしょう。

業界未経験の場合は「紹介する案件がありません」とやんわり断られる可能性があります。

質問③ 料金はかかる?

有料でサービスを提供している転職エージェントもありますが、レバテックキャリアはすべてのサポートを無料で受けられます。

内定を得たときに成果報酬を要求されるなんてことも一切ないので、安心してください。

質問④ キャリアアドバイザーに美人が多いって本当?

実際に利用した人がブログで発信したことから広まったとされる噂が、「レバテックキャリアには美人なアドバイザーが多い」というものです。

こういう噂が広まってしまうのは、やっぱり美人にサポートされたい求職者が多いということでしょうか。
まあ、美人にサポートしてもらえたら転職のモチベーションがあがるでしょうしね。

とはいえ、美人と感じるかどうかは主観的なものなので、なんともお答えできません。
気になる方は、実際に登録して面談を受けに行ってみてはいかがでしょうか。

公式サイトでキャリアアドバイザーを写真付きで紹介していますよ。
個人的には、確かにきれいな方が多い印象です。

まとめ

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
レバテックキャリアがどのような転職エージェントか、つかんでいただけたでしょうか。

ここで、最後にもう一度、レバテックキャリアの良い評判・メリットについて紹介しておきましょう。

  • キャリアアドバイザーの質が良い
  • 良質な非公開求人が多い
  • IT・Web業界へのサポート実績豊富
  • 転職後にProgateのレッスンが半年無料で受けられる

対象地域が少ない、あまり質の良くないキャリアアドバイザーもいるなどのデメリットもありますが、IT・Web業界への転職を目指す経験者なら登録して損はありません。

登録フォームへの入力は数分ですみ、面談は電話やオンラインでも可能です。
興味がある人は、ぜひ登録してみましょう。

今回の記事が皆さんの転職に少しでも役立てば嬉しい限りです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!