マンガで分かる年収5000万円の暮らし【手取りや仕事は?】

今回は「年収5000万円の暮らし」についてのマンガを作成しました。

手取りはどのぐらいあるのか?どんな生活をしているのか?

マンガ内で登場する人物などはフィクションではありますが、手取り情報などはデータを元に作成しています。

マンガで分かる年収5000万円の暮らしとは

年収5000万円の手取りは2600万円

年収5000万円稼いでも、およそ半分が税金として消えてしまいます。

残る手取り額は、およそ2600万円。月で考えると、手取りは220万円/月となりますね。

マンガでも表現されているとおり、220万円あれば高級マンションの賃貸や高給時計の購入なども容易に可能です。

大事なことはお金の使い方にある

しかし、人間の幸福度は800万円を超えると変わらなくなるというデータも出ています。

大事なことは「いくら稼ぐか」ではなく、「お金をどう使うか」にあるんですよ。

別に稼いでなくても、幸せな人生を送れているならそれが最高。

お金は「交換の手段」でしかありません。紙切れです。

お金を何と交換するのか?交換したものは自分に大きな幸せを与えてくれるのか?を熟考する必要がありますよね。

年収5000万円の仕事や職種は?

今回のマンガの主人公は、外資系証券会社に勤める男性でした。

「成果報酬制」であり、年収5000万円のほとんどをボーナスが占めます。

それゆえに、安定的に5000万円の年収を獲得できるとは限りません。

ちなみに日系大手企業のサラリーマンとして年収5000万円稼ぐとなると、役員クラスになるか、総合商社で海外で働くなど、相当に職種や仕事は限られてきますよ。

ぜひ年収の額にこだわらず、「自分にとって何が幸せなのか」を追求してください。

お金持ちでも自殺する人が大量にいます。この事実が真理だと僕は思いますね。

年収5000万円を超える方法

そして気になるのが「年収5000万円にどうやったらなれるの?」ということですよね。

考えられる方法としては以下の3点です。

  • 超高級な業界・企業で役職を得る
  • サラリーマン+副業のトータル金額で稼ぐ
  • 独立や起業をする

僕が新卒で勤めていた食品業界の東証一部上場企業は社長でも年収3000万円。
よって業界の選択が非常に重要になります。

当然「儲かる業界」でないと、役員に5000万円以上の報酬を払うことはできません。

まずは自分が儲かる業界に身を置いているのかを考えることが重要ですよね。

ありきたりな回答にはなりますが、「doda転職エージェント」など上位企業も紹介してもらえる転職エージェント(紹介求人数の幅が広く・多い)に相談することが重要です。

転職を考えていなくても相談すべし

ちなみに転職エージェントは転職を考えていなくても、転職エージェントと常に連携しておくことが重要です。

「どんな業界ならどれだけの年収を狙えるのか」「今の会社の将来性はどうか」「自分がもっと興味を持てる業界があるのか」などなど、担当者を自分のキャリアのコンサルタントとしてフル活用しましょう。

転職エージェントのデメリットは担当者によって質が大きく異なることです。
だからこそ転職しようと思ってギリギリで利用するのではなく、「自分が本当に信頼できる担当者」を転職を考える前から見つけておくことが重要なんですよね。